スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.15は沖縄復帰記念日

沖縄の密約のことを書いたけれども、
あさってが復帰記念日だとは知らなかった。

関連エントリ:西山事件と情報公開訴訟

厳しいときこそ未来志向で@八重山毎日新聞オンライン
>早いものであさって15日は沖縄が本土に復帰して37年目になる。それはそれだけ沖縄戦とその後の27年間の米軍統治時代を知らない世代が増え、逆に知っている人がそれだけ減ったということだ。八重山は恒例の「5・15」の平和行進や集会の参加も少なくなり、沖縄戦同様、「本土復帰」も年々遠くになりにけりで風化が進んでいる。

筆者は、変わらないのは「貧しい沖縄」であり、
変わったのは豊かな風土が失われたと嘆く。
>ひるがえって八重山は変わらないものがないというほどに、町も風景も経済も何もかもが変わった。

そういいつつも、公共工事は半減したし、まだまだ整備は必要だという。
じゃあ、もっと変わるしかないと言うことじゃないの?

それと、農水産業から観光事業にメイン産業がシフトしたことと、
風景が変わったこと、整備が必要なことの間で、
どう整合性を取るのか。

それが沖縄に、そして八重山に問われているのではないだろうか。
筆者は、こう締めくくるのだけど、正直、文章の意図がよくわからない。

>一方で最近は本土からの若者らに支えられて船浮や鳩間などの音楽祭や黒島、小浜などの手作り祭りが元気だ。いずれも過疎の島だが、人々は希望を持って島おこしにがんばっている。復帰37年、課題も多いが、明るい材料もないではない。未来志向で解決に努力し展望を切り開きたい。

まあ、なんくるないさー、で前向きにってことかな。
やりたくない地元の人に努力を強いるより、
やりたい移住民や本土の人をうまく使うという方法論も
十分に検討に値するし、でも、それにはやはり地元リーダーが必要なんだけどね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。