スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3回目の確定申告で気づいたこと

今年で3回目の確定申告。

青色申告してますから、領収書の整理をして、ソフトに入力してという手間があります。

初めての確定申告はフリーになった翌年。
還付されるので2月15日より前に出してますね。

確定申告終わりました:2009年2月12日

このときは四谷税務署に行きました。

去年は、3月1日に西新宿のサテライトで提出しました。

そして今年は2月27日。初の日曜日提出です。
東京マラソンで大混雑の街中を東京国税局まで行ってきました。
丸ノ内線で新宿三丁目から大手町まで行ったんですが、
新宿でスタートしたのを見てから家を出て、靖国通りでランナーを眺めてから乗車したら、
日比谷公園に向かう人達でいっぱいでした。
10キロのゴールなので、応援の人が移動中だったんですね。
今度から気をつけます。

さて、国税局で思ったのは、やはり早く出したほうがいいなということ。
日曜開催があまり知られていないのか、本当に空いてました。
午前中だということもあるのか、3人しか並んでませんでした。
職員3人で受け付けてますから、あっという間に順番が来ます。
去年の西新宿での込みようを考えると、圧倒的に楽でしたね。

書類も丁寧に扱ってくれますし、私は今度も還付がありそうなのですが、
その場合、確定申告用紙に振込銀行口座を記入する必要があります。
それも教えていただきました。

なにより、仏頂面のおじさんにお役所仕事されるんじゃなくて、
可愛い若手女性事務員さんでした。ツイてる。
思い出せば四谷税務署の時も女性担当者だったな。
まあ、そういう窓口を狙っているのですが、やはり早く行ったから丁寧な対応だったのだと思います。

修羅場の3月15日だったらどんなことになっていたか……。

そう考えると、大変でも早めに、しかも日曜日に行くといいと思います。
結構、あちこちで日曜受け付けやってましたしね。
今年は終わっちゃいましたけど。

あと、寄付とかふるさと納税も気になってママ、手がついてませんね。

イチロー、宮崎に“ふるさと納税”1000万円@スポニチアネックス
>ふるさと納税制度を使って宮崎県に1000万円を寄付したもので、25日に同県が発表した。14日にマネジメント会社を通じて申し込みがあり、21日付で入金。申込書には「鳥インフルエンザ対策、新燃岳火山噴火など、急を要する財源としてお役立てください」とのメッセージが書かれていた。

自分の故郷じゃなくてもいいわけです。

以前、こんなエントリを書いたことがありました。

関連エントリ:ふるさと納税で夕張を応援しよう

寄付についても、こんなエントリを書いてますね。

関連エントリ:税額控除ができる寄付先を選ぼう

参考になれば嬉しいです。
今年も確定申告は3月15日までです。

スポンサーサイト

東京駅の改装中になんとも可愛い「顔」が出現

大手町の東京国税局に確定申告を出しに行った帰り、
三菱グループが運行している無料バス「丸の内シャトル」に乗って
日経ビルから三菱ビルまで移動しました。

久しぶりに大手町に行ったのですが、経団連会館は新しくなっているは、
日経新聞本社は新しくなっているは、読売新聞は工事中だはずいぶん変わってました。

そんな中、東京駅まで行きますと、駅前の東京中央郵便局は表一枚残して取り壊されビル建設中。
鳩山弟がごねたことを思い出します。

東京駅も丸の内側は全面改装中で、建設当初の形に戻すのだとか。

東京駅丸の内駅舎保存・復元工事@鹿島
>1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興し、現在の姿になりました。
この度の「保存・復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するのはもちろんのこと、さらに、未来へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行います。そして、巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工します。


ということで、今は途中経過でシートに覆われているのですが、
ドームのてっぺんが辛うじて見えていました。
これがなんだか可愛い。
塔2

ロボットの頭みたいに見えますね。
塔1

露出替えで白っぽくすると、またおもしろい。
塔4

アップにしてみたりして。
塔3

丸ビルと三菱ビルの間の交差点辺りから撮影しました。
リコーGXRでマニュアル撮影。
露出を変えたりシャッタースピードを変えたり楽しいですね。

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

社長さんの知恵袋第11回をアップしました

毎月26日アップのオフィスフロッグスさんで書かせていただいているコラム
「社長さんの知恵袋」の第11回をアップしました。

第11回 ソーシャルメディアサミットで考えた

ということで、ソーシャルメディアについて、
今語るにはかなりゴージャスな陣容だったソーシャルメディアサミットを紹介させていただきました。

こちらのブログでは書かなかったので、思い切り紹介してます。
そこで考えたのは、やはり、この先に何が来るのか。
ソーシャルメディアは新しいブームではなく、定着するものだと思うので、
そうしたコミュニケーショプラットフォームの変化が何を生むのかが気になるところです。
その辺を考える切っ掛けとしては、最適の機会だったなと思う次第です。

ということで、そちらもお読みいただけると嬉しいです。


テーマ : ☆経営のヒント☆
ジャンル : ビジネス

18回目の結婚記念日:【食事】玄海

結婚してから毎年、結婚記念日(結婚式を挙げた日)には妻と食事をしています。

昨年は、六本木・豚組しゃぶ庵でしたが、今年は新宿・玄海にしました。

関連エントリ:結婚17年目の結婚記念日

自宅からほど近い場所にある店ですが、歴史を見ると昭和3年品川で創業した80年を越える名店。
新宿に移ってきたのが昭和14年という老舗で見るからに敷居が高く、
私も新宿在住11年目にして初めて入りました。

R0010978.jpg

毎日、今日は何の日か入り口に掲げているそうです。
R0010977.jpg

奥には、せいろう蒸しの店「かこみ」がありますが、
「玄海」はすぐ左の入口から入って、靴を脱ぎ二階に上がります。
R0010979.jpg

入り口にはお雛様がしつらえてありました。
R0010998.jpg

通された部屋は、茶室風の個室。
R0010980.jpg

掘り炬燵式のテーブルには献立表が置いてあります。
R0010981.jpg

今回は「吟いコース7350円」をチョイス。
まず最初は、食前酒の梅酒と鳥せんべいが出され、飲み物を聞かれます。
R0010982.jpg

ビール(ハートランド575円)を頼み、鳥せんべいをつまみに待っていると、
先付けがきました。
R0010983.jpg

奥が、イイダコと竹の子土佐まぶし、そら豆翡翠煮。
左が、鳥アーモンド揚げとタラの芽、右がかに寿司。

続いて、鳥の炙り刺し。
R0010990.jpg

このへんをつまみに飲んでいるうちに、テーブルの上では、鍋の用意が出来てきます。
炭を模した細工の中に電熱線が貼ってあるコンロ。
R0010997.jpg

この店のメインである「鳥の水炊き」が電気コンロの上に置かれます。
R0010991.jpg

白濁したスープは濃厚で、鳥が見えません。
飲み物を日本酒に変えて、八海山300ミリリットル(1750円)をオーダー。
しっかりとした鳥肉だけが鍋の中に入っています。
R0010992.jpg

玄海の水炊きは九州博多風。
>素材の決め手は、全国くまなく探し歩き、巡り会った、「水たきと最高の相性」と自信を持って言える伊達鶏。みちのく阿武隈の大地で放し飼いにし、日光浴や運動に十分な時間をかけて育てております。身がしまり、しっかりとした歯応えが特徴です。

ということで、たしかに鶏肉がしっかりしていて、さらに皮がうまかった。
うちの妻は鶏肉にはうるさくて、鳥だけは安いスーパーの奴は食べないのですが、
さすがに、玄海の鶏肉には感心していました。
選んでよかったというものです。

水炊きのあとに、茶碗蒸し。
R0010994.jpg

鰤の照り焼き
R0010995.jpg

酢の物(と言われましたが、デザートっぽい止箸ですね)
R0010996.jpg

と出て、終了。
お腹いっぱいです。

沢山食べられなくなっているので、コースもこの程度で十分。
刺身がついたコースや、鳥づくしなどもありますが、私たちには、これで堪能できました。

帰りに、いつもの某店によったところ、お店からブランデーを一杯ご馳走になりました。
いつもありがとうございます。

こうして、無事18回目の結婚記念日も終了。
妻は20回目には、トルコに行きたいそうです。
あと2年、お金ためないといけませんね。

パンダを箸でつまむシュールなゲーム「パンダだらけ」に参った

妻が大学時代から仲良くしている5人組の仲間がおりまして、
毎年のように一緒に温泉に行っています。

卒業して20年、最近やっと全員結婚したんですが、そのうち子どもがいるのは一人だけ。
(ちなみに、ウチではありません)
みんなで、その子に老後を頼んでいるらしい。
まさに、少子高齢化を象徴するような状況になっています。

でまあ、再来週温泉にいくことが決まって、温泉には唯一の子どもも同行しますので
その子を遊ばせておくための小道具が必要なんだそうです。
子どもに一人遊びをさせて、その間、ママとその友人たちはガハガハ飲んでしゃべるわけですね。

そのために、いつも妻が子供用のゲームを買っていくのですが、今回のは自信作らしい。


パンダだらけパンダだらけ

エポック社 2011-02-19
売り上げランキング : 662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パンダだらけというネーミングも面白いですが、
これパッケージを見ても、まさにパンダだらけなんです。

R0010971.jpg

右下のアップ。
R0010972.jpg

対象6歳以上のゲームですが、要は、タイヤにパンダを乗せてバランスを崩さないようにする。
もしくは、載せたパンダを箸でつまんで取り除き、バランスを保つというゲームなのです。

パンダ一個は3センチくらいで小さいのですが、一つ一ついろんな格好をしています。
R0010973.jpg

遊び方
R0010975.jpg
R0010976.jpg

パンダ崩しゲーム!
箸に摘まれているパンダがなんともシュール!

上野にパンダが来ることもあってか、おもちゃ売り場にはパンダ絡みのゲームや商品が多いらしいです。
そのなかでも、これはかなり面白そうなので、ご紹介しました。

アマゾンで買うと店頭より安いし。
いまだと<価格 ¥ 1,322 [ 定価 ¥ 1,890 ]>
ということらしいです。

パンダだらけパンダだらけ

エポック社 2011-02-19
売り上げランキング : 662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : グッズいろいろ
ジャンル : 趣味・実用

確定申告を日曜日にしたい方へ

去年は、3月1日に確定申告のために半休とった私ですが、

今年は、出来るならば半休取りたくない。
有休はできるだけ有効に使いたい。

でも、税務署は日曜日やってないんだよな、と思っていたら

日曜日に確定申告に良く予定を立てているマイミクを発見。
(mixiカレンダーに予定立てていた)
ということで、日曜日に納税できないか調べていたら、都内でも出来るようです。

2月20日(日)と2月27日(日)に一部の申告書作成会場を開設します@国税庁

>2月20日(日)と2月27日(日)の午前9時(相談開始は午前9時15分)から午後5時まで、麹町・神田税務署のほか、日本橋・京橋・芝・麻布・四谷・新宿・小石川・本郷・東京上野・浅草・本所・向島税務署の合同による申告書作成会場を東京国税局の1階に開設し、申告書作成のアドバイスや申告書の受付などを行います。

なお、2月20日と2月27日については、上記の14税務署の庁舎では執務を行っておりませんので、ご注意ください。

2月20日(日)と2月27日(日)の午前8時30分(相談開始は午前9時15分)から午後5時まで、荏原税務署は品川税務署、練馬西税務署は練馬東税務署、西新井税務署は足立税務署の申告書作成会場で、申告書作成のアドバイスや申告書の受付などを行います。

なお、2月20日と2月27日については、荏原税務署、練馬西税務署及び西新井税務署の庁舎では、執務を行っておりませんので、ご注意ください。


(参考)2月20日と2月27日の日曜日に確定申告の相談等を行う税務署
都道府県 税務署名等(【 】は税務署庁舎外の申告書作成会場を開設している税務署を示します。)
千葉県 千葉東・千葉南・【千葉西】・市川・船橋・【木更津】・松戸・【成田】・柏
東京都 東京国税局合同会場
(麹町・神田・日本橋・京橋・芝・麻布・四谷・新宿・小石川・本郷・東京上野・浅草・本所・向島)

品川税務署合同会場(品川・荏原)

練馬東税務署合同会場(練馬東・練馬西)

足立税務署合同会場(足立・西新井)
江東西・江東東・目黒・【大森】・雪谷・蒲田・世田谷・北沢・玉川・渋谷・中野・杉並・荻窪・
豊島・王子・荒川・板橋・葛飾・江戸川北・江戸川南・八王子・【立川】・武蔵野・青梅・
武蔵府中・【町田】・日野・東村山
神奈川県 鶴見・横浜中・保土ケ谷・横浜南・神奈川・戸塚・緑・川崎南・川崎北・川崎西・【横須賀】・
【平塚】・鎌倉・藤沢・小田原・相模原・厚木・大和
山梨県 【甲府】


私は四谷税務署管内なので、東京国税局ですね。

去年は、西新宿の確定申告センターに行きました。
ここは、税務署の管区が関係ないので、便利です。
今年も開催してますね。

「確定申告センター」を西新宿に開設します@国税庁>東京国税局
>東京国税局では、昨年に引き続き、平成22年分の確定申告会場として「確定申告センター」を西新宿に開設いたします。
お住まいの場所にかかわらずどなたでもご利用いただけます。
当センターは、お住まいの場所にかかわらず、どなたでもご利用いただけますので、お近くに勤務されている方など、是非ご利用ください。


でも、日曜日はやってません。

開設場所、期間及び時間

開設場所 期間 時間
アクアプラザ(PDF/232KB)

新宿区西新宿6-5-1

新宿アイランド地下1階
平成23年2月1日(火)~3月15日(火)

※土曜日、日曜日及び祝日を除く
午前9時~午後5時

(相談開始:午前9時15分)

ということで、なんとか書類作って日曜日に東京国税局に行きたいと思います。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

ZENBACKを設置しました

一昨日(22日)から、コメント欄とトラックバックを外して、
ZENBACKを付けてみました。

zenback とはブログに貼付けるいわゆるブログツールで、ブログ記事に関するソーシャルブックマークなどの情報を表示してくれるものです。



- zenback

http://zenback.jp/

- zenbackとは?

http://blog.zenback.jp/2010/07/zenback%E6%A6%82%E8%A6%81.html

zenbackはブログパーツです。ブログの記事の下や横に、



- その記事をソーシャルなどにポストするボタン(Twitter、はてブ、mixiチェック、Evernote、Facebook)

- その記事に関係する自分のブログ記事

- その記事に関係する他のzenbackユーザーのブログ記事(関連リンク)

- その記事についての最新のTwitterのつぶやき

- その記事についてのはてなブックマーク



を表示します。





私の方が先です。
αブロガーのまねじゃありません。

zenback を設置した @たつをのチェンジログ

でも、この記事を見て付けたのは事実です。

再び本気でブログを書きはじめた@sasakillが手を出した8つのカスタマイズ&アプリ@ネタフル

「zenback」ブログ記事の下部にツイッター/はてブ/リファラー/関連リンクを表示するブログパーツ@ネタフル


FC2は、最近独自にツイッター連動やフェイスブック連動のボタンを付けられたり、
関連記事を表示する窓が付けられたりと、自分たちで実装できるようにしてますが、
今ひとつデザインとか、使い勝手がよくない感じがして、結局外部サービスを使ってますね。

もう少しきれいなデザインのページにしないといけないのですが、そこはサボってます。

民主党は「政治主導」を誤解してたのではないか

民主党政権になって1年半。
菅直人首相になって、さらに混迷を深める政権運営ですが、
その元になっているのは「政治主導」という言葉の理解の問題ではないかという気がする。

最近は、首相自ら「見直す」と言っているが、年が明けてから何でも見直している人なので
本当にわかっているかどうかは怪しい。

政治主導、反省・行き過ぎ… 菅首相「脱・脱官僚宣言」@asahi.com
>菅直人首相は21日午前、内閣改造を受け各省事務次官らを首相官邸に集めて訓示し、民主党が掲げる政治主導について「現実の政治運営の中で反省なり、行き過ぎなり、不十分なり、いろいろな問題があった」「いい形の協力関係をお願いしたい」と述べた。(2011年1月22日)

私が言いたいのは、こういう「対立から懐柔」ではない。

>事務次官会議の廃止や政務三役中心の政策決定といった政権運営のスタイルは変更しないものの、政策決定などで官僚を排除するのでなく、協力や協調を求める「脱・脱官僚」宣言と言える。

このスタイルを改めないで、官僚を御することはできないのではないかと思うのだ。
官僚に、いかに責任を持たせるかが、政権運営の鍵ではないだろうか。

民主党の人たちは、言葉の使い方が本当に「粗雑」で「脇が甘い」と思う。
つまり、言質を取られるようなことを平気で言い、自分の言葉の波及効果を考えていない。
その話はまた書きたいけど、この人も「うかつ」とか使っちゃうのはどうかな

「政治主導なんてうかつなこと言った…」枝野氏@YOL
>民主党の枝野幸男幹事長代理は14日、さいたま市内で講演し、民主党政権の掲げた「政治主導」が機能していないとの批判が出ていることについて、「与党がこんなに忙しいと思わなかった。政治主導なんてうかつなことを言ったから大変なことになった。何より欲しいのは、ゆっくり考える時間と、ゆっくり相談する時間だ」と釈明した。

官僚の策にはまっていることがわかる。
自分が忙しくなったのが官僚の策略だとわかっていない。
忙しくさせられているのは、自分で何でも決めることが政治主導だと思っているから。
まじめな民主党議員は、膨大な資料を読み込み、過去の経緯を学び、政策の実行プランを練っている。
でも、それが本当に「政治家の仕事」なのだろうか?

脱・官僚依存を掲げ、政治主導の政権運営を標榜した民主党政権だけど、
それは、社員に依存せずに経営陣だけで、会社を切り回すと言っているようなもの。

でも日本では、それでは労組つぶしもできない。

典型的なのは、仕事が進まなくて首を切られた長妻前厚生労働大臣

厚労省攻撃の急先鋒を大臣に据えたのは、どう見ても鳩山の「意地悪」だが、
本人は、大臣として命令すれば、官僚の言うことを聞くと思っていたのだろう。
彼がやるべきだったのは、厚労省の中に仲間につくることだった。

ところが、いきなり訓辞で恫喝するようなまねをして、
ただでさえ、拍手ももらわない初登庁という露骨な敵対行為を見せられていたのに
それに乗るような形になった。

敵対的買収をしかけた会社に乗り込んでいく経営陣が、いきなり社員を罵倒したら、
その会社は上手く成長軌道に乗るだろうか?
少ないけれども残っていた優秀な社員は辞めていき、
新経営陣がいくら鼓舞しても乗る気がない社員ばかり残って
さらに経営を悪化させるだけだろう。

長妻さんがやったのは、それに等しい行為だった。

民主党は、自民党政権下にあった官僚組織が運営する「国家という会社」に
国民というステークホルダーが送り込んだ「やり手経営集団」のようなものだった。

政権交代は、いわば敵対的買収みたいなもので、力任せに経営陣を変えたわけだ。
経営陣をすげ替えて、新たな効率的で、利益の出る「会社」に変えてくれることを
金も票も出しているステークホルダー=国民は望んでいた。

でも、敵対的買収で経営陣を変えたときに、どういう人事をするかでその会社の再建は左右される。

そこで、民主党はアメリカ型の政策転換をイメージしたのではないか。
各省庁に直接乗り込んで、強引に変えようとした。
それが、政治主導の運営だった。

でも、政権運営を政治主導でやるためには、そのサポートスタッフも政権側に就く人間でなければ難しい。
アメリカは、政権が変われば、ワシントンの人口の半分が入れ替わると言われるくらい
政権をサポートする部門のスタッフが政権を支持するメンバーに入れ替わる。

日本の官僚と違い、終身雇用ではなく職に就いているスタッフだからで、
働き方が違うし、政権運営のやり方も違う。

アメリカで、強行にサボタージュを繰り返す組合員がいる工場があれば
極端な場合は、ロックアウトして別の労働者を連れてきて工場を回すだろう。
同じ職を全うする労働者は組合の外にもいるからだ。
経営者の仕事は、工場を回して利益を上げることで、その手段は問われない。
そして、経営者は自分の裁量で利益あげたのだから、離職率も失業率も考えずに、
自分の報酬を増やすことができる。

日本では、経営者が職員をロックアウトして、工場を止めると経営者が首を切られる。
他から労働者を調達できない上に、会社への評判が落ち、官庁から指導が入る。
経営者の仕事は、会社が世間を騒がせずに雇用を守ることで、利益はその次だ。
それを組合側も知っているから、労使ともに安穏と次へ引き継ぐことを選ぶ。

同じ事が、政治と官僚のあいだにもある。

背景となるシステムが違うのにアメリカのまねをしてはいけない。

政治主導にするには、官僚組織にスタッフを入れなければ入れないと考えて
政務三役を作り、政治家を省庁に100人入れるとか言っていた。

でも、それは政治家が官僚の仕事を代行するに過ぎない。

長妻さんは、結局、自分で電卓を叩いて年金再チェックの試算をすることになる。
でも、それは、本当に政治家の仕事なのだろうか。

経営者が、経理の仕事を信用せずに、自分で電卓を叩く会社は、大体先行きが危ない。

今の政治主導は、いきなり経営者をまかされて何をしていいかわからないから、
自分がやってきた仕事をもっとがんばってしまい、結局社員が育たない会社のようだ。

官僚には官僚の仕事をきちんとしてもらわないといけないし、
そのための人事権をもって、官庁の方向性を示すのが政治家の仕事だろう。

方向性に沿っているかどうかのチェックは欠かせないが、
その方法は任せてはどうなのか。
そのためには、事務次官同士のすりあわせを行う会議も必要だろうし、
その席上での議論には大臣も参加して、省益に偏らないようにすればいい。

でも、政治家も大臣になると自分がトップになった組織が大事で、
官庁の代弁者のようになってしまう。
しかも、政務三役で役割分担したはいいが、コミュニケーションがとれてない例も散見される。
省庁の中の自分の担当部門の利益代表になってしまっているためだ。

結局、政治主導といいながら、官庁の利益代表が増えただけで、
官庁が持つ大量の資料と過去のしがらみを見せられてびびってしまった民主党政権は、
何も変えられずに瓦解しようとしている。

アメリカ型のスタッフの入れ替え無しには、政権交代に伴う政治主導の政策転換は難しい。
アメリカでも、議会の反対や、地方の反対にあってすすめられないことが多いのだから、
日本で、今の仕組みのママに政治主導の政策転換は無理ではないか。

同じ仕事を進めてきた官僚に、違う路線を歩ませるには、
彼らの考え方を変えるような「話し合い」と「モチベーション」が必要だろう。

官庁との対立を手始めにした民主党の「政治主導」では、
かなり大きな外圧を使わないと政策転換は無理だったといえる。

でも、政治家がリードしなければ国の方向性は決められないわけで、
官僚をシンクタンクのように活用して、効率のよい運営を図るには
経営感覚というか、人の心を動かす手法がわかっている政治家が望まれる。

それは、かつての市民運動家や弁護士ではないような気もする。



電気タクシーに乗りたい(オキナワとか大阪だけど)

電気自動車も日産がリーフを販売して、本格的に普及しそうな感じ。

その日産・リーフを使ったタクシーが全国で始まっているようだ。

パンダ無線が「電気タクシー」導入-沖縄本島内で初@那覇経済新聞
>那覇・首里地域や沖縄本島南部を中心にタクシー運行を展開するパンダ無線グループ「つきしろ交通」(南風原町)が2月22日、自社営業所内で電気自動車(EV)をタクシー車両として使う「電気タクシー」の出発式を行い、電気タクシーの運行を開始した。使用する車両は日産自動車のEV「リーフ」で、2台を導入。沖縄本島内で電気タクシーを導入するのは初めて。

本当に先行して、宮古島や伊江島ではすでに始まっている。

>県内では、「まるちくタクシー」(宮古島市)や、「伊江島交通」(伊江村)がEVを導入し運行を開始したほか、県内レンタカー各社がEV 220台を導入。EV用の充電設備を整備する共同会社「エー・イー・シー」(那覇市久米2)が沖縄本島内18カ所(27基)に設置しインフラの整備にあたっている。そのほか、旅行会社もEV体験を前面に打ち出した沖縄旅行商品を販売するなど、EVの普及に向けた動きが活発化している。

沖縄のタクシーが全部電気自動車になるのはいいなあ。

世界遺産である屋久島では先行しているから、これが沖縄にも広がった感じ。

日産と鹿児島、屋久島でのEV普及で連携…世界遺産守る@レスポンス

これは提携だけだね。実際に走っているタクシーは、2011年2月18日からなのか。

屋久島のタクシーに鹿児島県内初EV導入/ハニ交通@373ニュース
>九州運輸局鹿児島運輸支局によると、九州では福岡市でEVタクシーを導入した例があるが、県内では初めてという。

これもリーフ。
他にも、ここ数日で幾つかの県で電気自動車のタクシーが走り始めている。

県内で初めて 飯田のタクシー会社、電気自動車2台導入@信濃毎日WEB
>飯田市上殿岡の「南信州広域タクシー」が、北陸信越運輸局(新潟市)管内の長野、新潟、富山、石川4県のタクシー会社で初めて電気自動車(EV)を2台導入し、21日、飯田市役所で出発式があった。

車は高いが、総工費が安いらしい。信濃毎日の記事によれば、
>走行距離1キロ当たりの電気・燃料費はEVが1円ほどで、通常タクシーの約1割という。EVは通常車に比べて車体が高額な点なども考慮した上で、運行結果が良ければ、さらに台数を増やすことも検討する。

だから、電気タクシーでも料金は通常と一緒にしている。

東北初 EVタクシー運転開始@ヨミウリ・オンライン宮城版
>泉タクシー(仙台市泉区)は東北のタクシー会社で初めて電気自動車(EV)1台を導入し、18日、営業運転を始めた。街中を走り回り、通行人らの注目を浴びていた。

ここでもコストの話が。

>導入コストは、無線や料金メーターなどを含めて約480万円。国から補助金約78万円を受けたが、通常の営業車両(約200万円)に比べて2倍かかった。ただし、燃料代は通常の1割ほどと見込まれ、2年間で投資を回収できるという。

プリウスのタクシーもあるけど、リーフのタクシーの方がお得な感じ?

大阪市や神奈川県でも既に開始されている。

それにしても、リーフばかりで他の自動車会社はどうしたのという感じ。
そこで発見したのが屋久島での取り組み。

i-MiEVで世界遺産・屋久島自然体験!!@三菱自動車EV-Lifeブログ
>今日は、JTB・オリックス自動車・三菱自動車の3社が、
世界遺産屋久島自然体験の旅を共同開発
という話題をお届けします


これは単発のツアーか。

日の丸リムジン、電気自動車タクシーを都心で運行開始@エコ誠
>東京のハイヤー・タクシー会社である日の丸リムジンは3月25日、電気自動車(EV)を採用したゼロエミッションタクシー29 件「ゼロタクシー」2台の運行を開始した。

こちらは、2010年の3月だから先行している。
でも観たことないなと思ったらば、エリアが狭いようだ。

>導入したEVは三菱自動車工業の「i-MiEV」で、大丸有地区を流し運行する。

>営業範囲は、1充電あたりの航続距離の関係から、大丸有地区を中心とした山手線沿線地域となる。運行時間は平日の8時30分~18時30分で、電話での予約も受け付ける。

どうも、三菱の記事は分が悪いな。早くに展開していたのに。
やはりベースが軽自動車だから車体が小さいというのが問題のようだ。
でも、ひとり利用ならば十分だし、タクシーがみんな大きくなくてもいいんじゃない?

その点でリーフが大きさも3ナンバーだし、プリウスタクシーあたりと遜色ない。
そこで、一気に今年に入って加速したとみるべきかな。

大阪でちょうど、こういうイベントがあるらしい。
oosaka.jpg


大阪府 電気自動車(EV)タクシー普及啓発事業
みらいタクシーは幸せを運ぶ!電気自動車(EV)タクシー【エボット】に乗ろう!
無料体験期間:2011年2月15日(火)~3月9日(水)


エボット(EVOT=EV On-demand Taxi)とは?
このたびのEVタクシー普及啓発事業では、オンデマンドで走るEVタクシーの愛称を、エボット(EVOT =EV Ondemand Taxi)と名づけています。エボット イイゾウくんが目印です。
※本事業は、EVOT共同企業体が大阪府から業務を受託して行っています。EVOT共同企業体は、兼松株式会社、兼松コミュニケーションズ株式会社、株式会社JTB西日本、株式会社システムオリジン、株式会社パソナ、株式会社モーションの6社で構成されます。


観光タクシーでも呼び出しタクシーでも使えるらしい。
それにしても、オンデマンドタクシーという名前が仰々しいね。

予約が電話じゃなくて、ネットを使って端末やサイトからできるってだけでしょ。

それが電気自動車なわけだ。

来週大阪に出張で行くけど、梅田の方には行かないなあ。残念。

語尾に「ぞう」をつける宣伝Twitterエボット イイゾウくんエレファちゃんもあるらしい。
公式ブログもあるけど、こちらはイベント宣伝系かな。

しかし、この手の宣伝には、ゆるキャラつくってTwitter使うというのが定番になってますね。
一気にゆるキャラとTwitterがセットになってきたなあ。
うざいなあ。

そうそう、電気自動車のタクシーの話でした。
トヨタとHONDAはどうしてるんだろうね。
ハイブリッド競争で、こうした動きから一歩引いているんだろうか。
でも、公共交通機関や自治体の公用車需要などを考えると、
今後、プリウスからリーフへの動きが進みそうなカンジがするなあ。

フィットじゃ、そうした需要には入り込めないし。
燃料電池車も、まだまだハッキリしない。

日産のリーフの広げ方の旨さが目立つ感じがしますね。
早く乗ってみたいです。

エロメールも色々来るけど、これは笑った

携帯のメールに、出会い系のメールが来る。

そんなの利用してないのに(いまは)なあ。

アドレスを拒否通知したりしても、最近はどんどん手が込んできて、
自分のアドレスだったり、発信元がezweb.ne.jpのメールだったり
(つまり携帯メールのアドレスなので、PCからのメール拒否が使えない)
とにかく、速攻削除くらいしか手の打ちようがない。

そんな中、思わず開いてしまったメールがこれ。
(画面キャプチャのためPCメールに転送しました)

nikyouso.jpg

ちなみに、私に日教組の知り合いはいません。

それにしても、当選通知とか「この間のメールだけど」とか、
RE: とか、いろんなメールタイトルがあるけど、
日教組は初めて。

日教組の人が副業を進めていると思えないし、
その内容が出会い系だとも思えないけど、
これを考えついた人は、ある意味すごいね。

でも、本当に日教組の人だったらどうしよう。

と思って「日教組 岩船」でググってみた

すると、このタイトルは、迷惑メールの定番らしい。

2009年に流行ったのか、下記のようなブログに記事がある。

スパムGメン-はるまき総研・迷惑メール研究室

普通のサラリーマンの普通の日常

2010年にもTwitterでのツブヤキなどで散見される。

でも、タイトルは同じだけど、パチスロ攻略法だったり、競馬必勝法だったり、
お願いしてくる内容は、いろいろあるらしい。

いろんなコトを考える人がいるものだなあ、で終わろうと思ったが、
ひょっとして、同じことを繰り返しやっている人がいるだけなのか?

地方議会にポスドクはいかがでしょう?

新潟州だの、中京都だのが、「流行病」かどうかはおいておいて、
地方分権の話題が豊富な今日この頃。

愛知知事、片山氏の「流行病」発言に抗議@sahi.com
>愛知県の大村秀章知事は17日、総務省で片山善博総務相に会い、片山氏が記者会見で大村氏らが掲げる中京都構想について「流行病」という表現を使ったことに「遺憾」と抗議した。片山氏は「『流行病とは言いませんが』と言った」と釈明し、「大都市再編については真剣に議論したい。意見を聞かせてほしい」と応じた。

また、Twitterで橋本大阪府知事をフォローしていると、最近毎朝のように
大阪市長を挑発しているツイートをみるハメになる。

地方分権と、その受け皿となるような地方自治体制の構築を提案する自治体首長が
「流行病」にかかっているとは思わないが、「流行っている」のは間違いない。

でも地方分権して、本当に大丈夫なのと思わざるをえない。
地方自治体の首長も含めて、そんなに大きな仕事をしていない人は多いわけで、
地方に渡して、その仕事を誰がやるのかという問題に早晩突き当たるだろう。

東京都や大阪府や愛知県当たりは、優秀な学生が大企業と天秤にかけて就職していたり
皇族の旦那さんがいたりするのだから人材は豊富に違いない。

でも、地方自治体の職員は、地元採用が多いし、地方公務員試験を通っていても
それほど地方自治に長けているわけでも、多額の予算の管理ができるわけでもないと思う。
役所の中にも優れた人材はいるかもしれないが、
多くは「地方分権」で手にした予算や権利が、手に余る状況になるだろう。

多分、そこで起きるのは中央官庁からの「天下り」であったり、
大規模自治体からの「転職」もしくは「ヘッドハント」ではないか。
地方自治体が手に余る仕事をしてくれる人材を中央に求めることになる。

そして、地方職員がレベルアップしたとして、議会はどうだろう。
旧態依然とした利益代表や地方の名士の上がりの仕事のような地方議員の多くは、
多額の給与と少ない仕事で、自治体首庁批判や昔ながらの政党の意向だけで
特に何も考えずに議員生活が営めるだろう。
しかし、それでは、地方分権が進んで高度化した役所の職員が提出する議案や
中央官庁からの落下傘首長(これも増えそうに思う)と本当に戦っていけるのか、
また一緒に地域を良くしていけるのか?

ただ抵抗勢力とみなされて、誰もなりたくない職になってしまうのではないか?
いまの阿久根市議会のように。

そこで首長や議会にも、仕事をしてくれる若者を都市から求めてはどうだろう。

パンが無いならケーキを喰え的 立候補の勧め@chikirinの日記
>この前、「地方議員って存在価値あるわけ?」というエントリを書きました。(→こちらです) その後、本屋さんをうろうろしてたら、こんな本が出てるのを見つけた。どちらも昨年後半の出版だから結構新しい。

読んでみて、なるほど合理的だよねと思いました。先日のエントリでも触れたけど、小さな行政区の議員だとホントに少ない票数で当選できる場合がある。だったら若い人だって、この就職難のご時世、就職先のひとつとして地方議員を目指してみるというのはひとつの合理的な判断だと思った。


最近出版に漕ぎ着けた人気ブロガーも、地方議員に若者が立候補してはと問うている。

若者が国会を目指すのもいいけど、地方議会からこの国を変えるのも「あり」ではないか。
国の予算を動かすよりも、地方の予算を動かすところから始めれば金額は小さいが
現場からは近い予算を変えていけるのではないか。

そしてそこに、ワーキングプアだと言われる博士卒はいかがだろうか?
世間知らずの博士ばかりでも困るが、博士課程卒のロジカルな発想で
地方の「当たり前」を変えていかないと地方分権をまかなえる体制にならないとも考える。

年齢的にも地方議会ならば立候補可能だし。
28歳で政治家になる方法―学歴・職歴・資格一切不要!  25歳以上なら誰でもなれる!28歳で政治家になる方法―学歴・職歴・資格一切不要! 25歳以上なら誰でもなれる!
田村 亮

経済界 2010-11-25
売り上げランキング : 3644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


地方分権で、無駄な金が地方に回る前に、地方が変わるきっかけとして
地方議会に若者があふれるような、そして、彼らが積極的に活躍するような状況が生まれたら。
大きくこの国が変わるかもしれない、と妄想が広がります。

地方政治から何かを変えていく尖兵として高学歴ワーキングプアの皆さんは
今度の統一地方選挙に(統一自治体選挙と言い換えたいけど)立候補されてはどうかと。
若くて優秀な若手ポスドクのうちならば、地元自治体には受かると思うけどね。
研究の現場にしがみつくよりも科学政策を地方から進める方に回ってはどうでしょう?

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法
佐藤大吾

ダイヤモンド社 2010-10-01
売り上げランキング : 2136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法
ちきりん

イースト・プレス 2011-01-20
売り上げランキング : 120

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : 考えるヒント
ジャンル : 学問・文化・芸術

Facebookにおける「実名」ってなんだろう

なんだか、実名じゃないとアカウント削除されるそうですね。

Facebook“非実名アカウント”停止にユーザー困惑 「本社で調査中」@ITメディアニュース

Facebookを使って数ヶ月。
未だに、よくわかっていませんが、まあ使ってみると、
mixiとの違い、Twitterとの違いはなんとなく身に染みてきました。

自分のmixiの使い方が、いまやコミュニティが中心になっているので
もう少し実際の付き合いに応じたやりとりがFacebookのように思いますし、
Twitterでは、実の知り合いへのRTでのツッコミよりも、情報キャッチの側面が強くなってきています。
自分のフォロワーに対して記事を伝播する役割という意識も芽生えてきます。

Facebookはそうした自分周辺に起こる情報のプラットフォームとして、
これが「肝だ」いう感じはまだないですね。

ただ、友達をどの程度にするかで、これもずいぶん使い方が異なるもののように思います。
その辺の感覚は少しづつ考えていきたいと思ってます。

ところで、私はもともと実名登録(ユーザーネームはfujita244)していたのですが、
プロフィールに出てくる名前がローマ字なのが気になってきて、
どうせならば、カタカナにしたいなと思ったわけです。
gaman2.jpg

カタカナに変えるべく入力して、保存しようとボタンを押すと、
確認の画面が出てきます。
gamen3.jpg

本名ですからね、カタカナですけど。
変更できると思って、ボタンを押します。
p_gamen.jpg

却下されてしまいました。
一度登録した名前を変えるのは難しいのかなと思って
「別名」を入れてみることにしました。
ところが、別名が保存できないそうです。
gamen4.jpg


結局、実名にもかかわらず、カタカナ登録できませんでした。
gamen5.jpg

問い合わせろというのですが、これもユーザーの中で教えあうシステムみたいですね。
問い合わせやらヘルプセンターやらも検索で結果を探せというもので、
「カタカナ、登録」とかいれてみましたが答えは出てきませんでした。

ネタフルのコグレさんはカタカナ登録していますし、友人で漢字にしている人もいます。

カタカナ登録でも漢字登録でも「実名」ならば登録できるのでしょうが、
私の名前は別に日系ロシア人の名前でもないのですが、
これはフェースブックに直接メールするしかないんですかね?

戦争と笑い:【観劇】贋作・ミスワカナ

土曜日に、人形町三日月座で、一人芝居を見てきました。

この三日月座は、2階が喫茶店、地下が映画館になっていて、
今回は、その映画館スペースで1時間ほどの一人芝居を1日3回上演してました。

3回上演なのは、演者が3人いるから。
3人の女性が同じ台本を一人づつ演じている。
しかも、土曜日のみの公演で、昨日が二日目(2週目)、あと2週上演がある。

不思議な上演形式だったのが、

三日月座プロデュース 一人芝居・芸人列伝vol.3 『贋作・ミスワカナ』

秋山豊 作・演出 キャストは秋枝真さんの回を見た。

主役は戦前から戦後に掛けての人気女性芸人ミス・ワカナ
天才と呼ばれ、夫婦漫才の元祖でもあった人。
ミヤコ蝶々、京唄子と続く「夫婦漫才を離婚してなお続けた人」でもあった。

wikipediaによればミスワカナは
>(本名:川本キクノ、1910年10月20日 - 1946年10月14日)は、鳥取県気高郡海徳村出身(現・鳥取市)。1915年頃から父の巡業に同行するかたわら安来節を身につける。後父と離別。1920年に9歳で初代河内家芳春に入門し、河内家小芳を名乗る。

芝居は、ミスワカナの戦争中の慰問活動(わらわし隊)について、
戦後のある日(実は亡くなる当日)阪急西宮球場で行われた野外演芸会の楽屋を舞台に
相方で元夫の一郎を相手に話をしたり、新聞記者が取材に来るなかで
ヒロポン中毒だったワカナの独り言と幻想、記憶が入り交じる。

そのなかで、戦争と笑い、兵隊が日常を失う状況、
手のひらを返したように戦中の報道を忘れる新聞への批判、
などがセリフの中に散りばめられている。

ワカナと一郎の漫才をコピー(一郎の声はレコードから)した漫才シーンや
新聞記者に向かって啖呵を切るシーンなど、いくつか見所があったが
やはり、一番良かったのは、当時ラジオで流された「尋ね人」を使って、
ワカナを河内家に預けたワカナの父へのワカナの輻輳した思いがあふれるシーン。
ワカナを捨てたのではなく、実はいつもワカナを探していたのだと思わせる
「お父さんが探しています」というラジオからの声(幻想)を聞いたあとに
幻想の父に手を引かれてワカナがを死出の世界に渡っていくところ。
演じた秋枝さんの、子どもに戻ったような無邪気な笑顔に、
思わず涙してしまった。

ミスワカナといえば、実の弟子である森光子の「おもろい女」が有名で、
2代目ワカナがミヤコ蝶々だったとか、日本の女性芸人の原点ともいえる名前。
その人を取り上げたのは、やはり「戦争と笑い」という時代の暗部を見せたかったからなのか。

わらわし隊を取り上げた、昨年夏のNHKの番組では
>「戦争」と「笑い」という、相反する状況の中で苦悩し続けた「わらわし隊」。日米開戦後、戦局が悪化すると、「笑い」さえも「不謹慎」だとして、活動の自粛を強いられ、やがて芸人たち自らも徴兵されていった。番組では、現代の若手芸人や女優を起用し「わらわし隊」の足跡をたどる。

とあるように、芸人を取り巻く時代状況を知れば知るほど、
「笑い」とは「自由」なんだという劇中のワカナの言葉がしみてくる。

いろいろなことを考えさせられる舞台でした。
まだ二週ありますからぜひどうぞ。

戦時演芸慰問団 「わらわし隊」の記録―芸人たちが見た日中戦争 (中公文庫)戦時演芸慰問団 「わらわし隊」の記録―芸人たちが見た日中戦争 (中公文庫)
早坂 隆

中央公論新社 2010-07-23
売り上げランキング : 319603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昭和の爆笑王 ミス・ワカナ 玉松一郎/ミス・ワカサ 島ひろし昭和の爆笑王 ミス・ワカナ 玉松一郎/ミス・ワカサ 島ひろし
ミス・ワカナ 玉松一郎/ミス・ワカサ 島ひろし ミス・ワカナ 玉松一郎 ミス・ワカサ 島ひろし

コロムビアミュージックエンタテインメント 2010-09-29
売り上げランキング : 61872

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ワカナ伝説ワカナ伝説
ミスワカナ&一郎

ビクターエンタテインメント 1993-12-16
売り上げランキング : 1068559

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昭和の爆笑王昭和の爆笑王
豊吉 三遊亭金馬(三代目) 柳家権太楼 三遊亭歌笑 春風亭柳枝(七代目) 笑福亭松鶴(五代目) ミス・ワカナ 玉松一郎 ミス・ワカサ 島ひろし 砂川捨丸 中村春代 リーガル 千太・万吉

コロムビアミュージックエンタテインメント 2010-09-29
売り上げランキング : 149892

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

「のぼうの城」の宣伝が始まっていますね

そういえば、本屋の店頭でポスターを見たなあと思っていたら、
こちらのブログエントリへのアクセスが増えています。

関連エントリ:映画「のぼうの城」は苫小牧でロケ中だった

私の地元でのロケ風景を見に行った話なわけですが、オフィシャルサイトに苫小牧のことが出てますね。

北海道ロケうらばなし@でくのぼう日記
>このプロダクションノートでも書かれている通り、
昨年夏におこなわれた『のぼうの城』の北海道ロケは、
東京ドーム20個分の広大な敷地にオープンセットを組んでおこなわれました。



nobou_convert_20110218100511.png

>地元市民のべ4000人のエキストラ

これに私の同級生も参加しているわけですな。

top_nobou_convert_20110218100546.png

野村萬斎ののぼう様が気になります。

映画は、9月公開ですか。
最近の映画は、すっかり宣伝番組やタイアップを見続けて飽きた頃に公開されるので
既に見たような気になっていて、結局映画館に行かないパターンが多いなあ。
しかも、公開から1年くらいでテレビでやるし。

この映画も多分、宣伝見ていて待ちくたびれる気がします。

のぼうの城 上 (小学館文庫)のぼうの城 上 (小学館文庫)
和田 竜

小学館 2010-10-06
売り上げランキング : 211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

のぼうの城 下 (小学館文庫)のぼうの城 下 (小学館文庫)
和田 竜

小学館 2010-10-06
売り上げランキング : 209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ラーメン屋のチャーシューについて考えた

昨日、新宿郵便局に行く用事があったので、ついでに小滝橋通りまで出て、
この店でラーメンを食べた。

ラーメン激戦区・新宿小滝橋通りにみそ専門店「極太野菜味噌(助)」@新宿経済新聞
>メニューは、味噌らぅめん(750円)、特製味噌らぅめん(950円)、辛味噌らぅめん(800円)、特製辛味噌らぅめん(1,000円)のみ。信州白みそをベースに、豚骨スープと全粒粉を練りこんだ極太麺を使っているという。いためたモヤシとキャベツの量も多めだ。
ラーメン激戦区・新宿小滝橋通りにみそ専門店「極太野菜味噌(助)」(写真も記事から)

北海道出身ということもあって、味噌ラーメンが大好きなのだけど
ラーメン評論家も指摘するように味噌は難しい。

味噌が前に出過ぎるか、スープがこってり過ぎて味噌だかなんだかわかんないものになるか。
そのどちらかが多くて、味噌を食べてがっかりすることが多い。

この店のラーメンは、味噌で勝負するというだけあって、私の好みだった。
>「オープンしたばかりなので知名度はまだまだ。つけ麺の人気はまだ続いているが、この店はみそで勝負していきたい」と持木さん。

長野の白味噌ベースではないかと思うけど、白濁したとんこつベースのスープに味噌がバランスよく風味を出していた。
この店は、新宿三丁目の三代目○助にいた人がやっているそうで、
>新宿三丁目にある豚骨ラーメンの「三代目(助)(さんだいめまるすけ)」から独立したという同店。「春道」もオーナーは同じ。「『三代目』の豚骨スープを使った新しい店をやりたかった」と店長の持木惣さんは1人で店を切り盛りしている。

三代目○助は、家の近所なのでよく行く店の一つ。
オープンから通っているが、長野の豚骨ラーメン店が満を持して新宿に出てきた店。
いまではすっかり人気店だけど、オープンしてから3ヶ月は客足が伸びず苦戦していた。
マー油と生キャベツというトッピングが独特で、好きな店だけど、
あのスープで味噌味か?と疑問を抱きつつ、この店を訪れた次第。

炒めたもやしとキャベツを乗せて、少し辛いひき肉(斜視の奥の茶色い奴)が入り
味の変化もあったし、もやしとキャベツで味が薄まることもなかった。
ただ残念なのがチャーシュー。

この写真は普通の味噌だけど、私が頼んだ特製みそラーメンでは、味玉子とチャーシューが4枚付いてきた。
味玉子もまるごと1個が入っている。それだと、見た目が地味になっちゃうし、食べにくい。
チャーシューは脂身の多いバラの部分が並んでいて、それがサービスなのか厚切で噛み切れない。

それにしても、どうしてラーメン屋はチャーシューを冷たいまま乗せるんだろう。
最近は、炙りチャーシューとか言って焼いた奴が乗ってくることもあるけど
大抵のラーメン屋では、チャーシューを冷やしだ状態(もしくは常温)でカットして
(その場でカットするのはいいほうで、たいていはカットしてある奴を)のせている。
チャーシューを一旦冷やして切りやすくするのは分からないでもないけど、
スープで温めてから出すとか、温度を上げてもらえないだろうかと思う。

冷たくて油濃い豚肉をそのまま食べるのは、ただでさえしんどいし、
脂身部分が柔らかければまだしも、脂身が硬くて冷たい豚肉は食べ物としてどうなの?
チャーシューと言いながら釜で焼いて作る人はほとんどいないし、
要は煮豚なわけで、バラの部分ならば脂身がほぐれるほど柔らかく煮こんであるならまだしも
グニュって噛んだ時に油が口の中で広がるのは頂けない。

しかも、950円という値段は、他のカウンターで出す料理に比べて格段に高い。
牛丼が300円以下の時代に、ラーメンの高騰はいつまで続くのだろう。
だったら日高屋とか290円ラーメンを食べろということになるかもしれないが、
あれは、あれで、うまい。
いや、アレよりまずいラーメン屋はいくらでもある。
それはどうなの?という話はラーメン評論家におまかせしよう。

でも950円の料理に出すチャーシューとして、それは合格点なのか?
という視点でラーメン屋はチャーシューを作って欲しいと思う。

大企業病とは「優秀な人材を長年かけて使いものにならなくする病」のことなんだな

先日、某大手企業の人と飲んでいて、やはり大企業に属する人の中には
とてつもなく優秀な人がいるという話になった。

その話を聞いていて、このブログエントリのことを思い出した。

24時間でとある企業のサラリーマンとOLたちが知恵をあわせて社会貢献ゲームを企画してみた顛末@Keep Crazy;shi3zの日記
>そして、たとえばあるチームのプレゼンを見たときの僕の反応を淡々と書いてみよう。
最初はプレゼンから目を背けたくなった。社会問題を扱うと、ときどきそういう写真を見なければならないこともある。でも、次のスライドを見て、衝撃を受けた。そして次、涙がにじんだ。この時点で僕は点数表に10を5つくらい書いた。で、次、驚いた。で、次、嫉妬した。で、次、殺意が芽生えた。で、最後、後悔した。


電通にはとてつもなく優秀な若手がいて、その若手が一晩知恵を出し合うと
とんでもないものが出来上がるという話だった。
でも、ここでソーシャルゲームを提案した人たちは、その後二度とソーシャルゲームの仕事などしないかもしれない、というのも電通である。

>やっぱ電通マンすげえ。
彼らが電通マンであることが、むしろ勿体ない。

だってさ、クライアントに提案するタイプの仕事というのは、結局、クライアントの担当者の能力に制約を受けちゃうんだよね。


広告代理店というのは、どんなに優秀な提案をしても、それを受け入れるクライアントがいなければ日の目を見ない仕事だからだ。

>電通マンがどれだけ優秀でも、電通の仕事は、結局、下請けだ。
クライアントの宣伝担当者がクビを縦に振らなかったら、どんなにすごいアイデアも、霞んでしまう。


そして、クライアントの多くは、「すごいアイデア」に首を縦に振らない。
むしろ、クライアントにクビを立てに振らせる能力に長けた人が提案したものが
「すごいアイデア」なのだ。

アイデアから始めるのではなく、どうやれば、そのアイデアが実現するかから始めないと、
それには、クライアントにどう理解(誤解でもいい)させるか。
そこが、優秀なプロデューサーやディレクターの技量だとも思う。

やっぱり大企業でも役所でも、選抜の結果入社した若手は、やっぱりとても優秀なんだと思う。
でも、その優秀な若手の提案がいつの間にか途中で変貌し、別のものになったり
無視されたりしているのが、大企業や役所の実態なのだろう。

例えば、こんな事例がある。

ブログでバイオ 第74回 バイオインフォマティクス技術者認定試験の検証の必要性
>以下、余談なのだけれど、この予算、僕が取ってきたのは良いのだけれど、その分配を決める手法には相当に疑問が残った。

と始まる、経産省での決定プロセス。

>それよりも、僕としては僕が推薦した案件がきちんと通ることが大事だったので、会議の推移を見守っていた。課長は続いて、「では、私から推薦します」と発言し、そしてある案件を推薦したのだけれど、びっくりしたのは、僕から課長にあげた資料では、その案件は全く評価が高くなかったことである。N君と二人で、「え?」という感じで顔を見合わせたのを今でも憶えている。

若手が苦労して取りまとめた資料(しかも、それなりの正当性を持って基準設定して評価した物)を
全く無視した課長の行動は、どうも裏があったようだ。

>また、課長がどういう意図を以て僕達担当者が全く評価していなかった案件を推薦したのか、今になっても良くわからない。ただ、誰から聞いたのかは忘れたが、「そういえば、昨日の夜(委員会の前夜)、○○(課長が推薦した案件を応募した組織)の担当者が課長のところに来て、みんなで飲みに行ったみたいですよ」という話があった(僕は実際に見ていないので、真偽の程は不明)。そういう背景があるなら、全てのことには説明がつく。課長の提案した手法は、「誰が何と言おうと、自分の裁量でひとつだけは確実に採択できる」やり方なのだ。確実な証拠があるわけではないので軽々には言えないが、背後に何らかの不透明なやりとりがあったと考えるほうが自然である。


そして、この優秀な若手課長補佐は、この直後に経産省をやめている。
退職理由が、この一件とどの程度関係があったかについては触れられていないが、
「面白くない」事だったのは確かだろう。

国家のタメを思って行動しても、省のためになるかどうかで歪められるうちに
経産省だけではなく、多くの省庁の官僚は、その行動規範が変わっていく。
そして、その省以外では使えない人材となっていく。

企業も同様で、企業の枠を超えた優秀な発想の持ち主たちの多くは、
企業の枠内で考えることを強いられ、さらに部内、課内とその枠が縮小されていき、
他の会社では通用しない発想と仕事の仕方を有した人物となっていく。

そういう枠組みを若手にかぶせていく企業は、大企業病に罹患している。
大企業病とは、企業という組織がかかるものであり、
その組織に属する者の行動規範を歪める病気なのだろう。
そうして、大企業病は、組織と同時に組織の歯車である人材にも蔓延する。

時々、大企業の中にも大企業病に罹患していない優秀な人材が残っていて、
その人が時と地位を得て、企業に抜本的な改革をなしている例もある。
そういうのを見ると、病は気からなのだなと思う。
大企業病も企業風土に吹く「雰囲気」を変えることで、刷新することもある。

就活して、大企業に入社が正式に決まって、その会社が潰れそうもなくて
4月1日を心待ちにしている人も多い時期だけど、
その企業が大企業病に罹患しているかどうか
もう一度調べてから、人生を考えたほうがいいかもしれない。

まあ、若くても入社前から既に大企業病に罹患していて、
こんな時代でも「大企業は大丈夫」だと思う人には関係の無いことだけどね。


神田・広島カープでお好み焼き三昧

昨日は、ソーシャルメディアサミットのあと、AMN4周年記念パーティにも参加せず
九段から神田に向かった。

ソーシャルメディアサミットについては、ネタフル@kogureさんの記事がすべて。
備忘録としてリンクを張っておきます(後で見る)。

ソーシャルメディアサミット2011「日本のソーシャルメディアの未来はどうなるのか」

ソーシャルメディアサミット2011「Facebookは今後日本でどうなるのか?」

ソーシャルメディアサミット2011「企業のソーシャルメディア活用の可能性について」

ソーシャルメディアサミット2011「ソーシャルメディアはウェブの何を変えるのか」

さて、神田に何しに行ったかというと、この店で旧交を温めるタメ。
R0010965.jpg

神田駅知覚のカープで広島お好み焼きを食べる会をここ数年続けてます。
メンバーは、昔一緒に苦労したクライアント。

去年は1月に飲んだのだが、今年は日程が合わず2月になった。

関連エントリ:神田・広島カープのお好み焼きはうまい!

年に一、二度飲みに行くだけなのだけど、なんともいい関係なのだ。

関連エントリ:不思議な関係

夏もまたいいのが、ここのお好み焼き。

関連エントリ:広島お好み焼きカープ行ってきました

予約不可なので、並んで待っているしかない。
7時待ち合わせで、はいれたのは20分すぎくらい。
カウンターだけの店で20人くらい入れるでしょうか。

最初は、ホタテとかカキを焼いてもらって(牡蠣が残ってなくて、最後の三粒をもらいました)
R0010966.jpg

そば入りを頼んでいきます。
R0010967.jpg

手際よく焼けたのを三人に取り分けてくれるんですが、手際が良すぎて撮影できません。

こんな感じに3分の一にして、目の前に置いてくれます。
R0010968.jpg

3人で、ホタテ、牡蠣、ねぎ焼き、とんぺい焼き(大阪のとは違う感じ)、お好み焼き4枚
飲み物はビール4本、レモンサワー6杯ですかね、これで11550円。

鉄板を目の前にして、どんどん焼けていくお好み焼きを見ながら食べると食が進みますね。
さらに、お母さんのこの笑顔がまた素敵です。
R0010969.jpg

ごちそうさまでした。

そして、昨日一緒だった方々、また行きましょう!

「地方」ってなんだろう

先日の愛知県と名古屋市の同時選挙の結果を「地方主権」への動きにしようという声が多い。

でも、「地方」ってなんだろう?
名古屋市や大阪市のような人口も多く、予算も多い、大きな自治体が
県や府という地方自治体を「屋上屋」と感じるのはわかる気がする。

東京都のような一括自治が望ましいと考えるのは「中抜き」であって
方向性としては、その方向に進むようにも思える。

でも、たとえば「地方自治の失敗」と称して、夕張市の問題と大阪市の問題を
「自治体の借金」という「内容は同じ」だからといって、同列に扱うのはどうなのだろう。
「量の規模が違う」のだから「別の問題」として考えないと答えは見えないだろう。

そのへんをすべて「地方の問題」とか「地方自治の問題」というのは違う気がする。
しかし、「地方の構図」的な議論は、概してそうした極論に走りやすい。

そうした意識は、国の問題に対して「地方」と一括りにするから起きるような気もする。
その原点が「地方選挙」という言葉なのではないか。

高校の後輩で、市議会議員から昨年二期目の現役市長への対抗馬として市長選挙に出て敗れ、
今度の統一選挙で道議会議員を目指す沖田さんのブログの問い掛けが気になった。

見下し。。?@前苫小牧市議会議員 沖田清志のブログ
>自治体の首長・議員を決める選挙なのだから、「統一自治体選挙」が正しいのではないでしょうか?
全国紙ならいざ知らず、どこから見て「地方」というのでしょう。。?


全国紙だけではなく、地方紙・地元紙も「地方」という意識。

>以前から地域主権の重要性を訴えてきましたが、自ら「地方」と卑下したような言い回しが多いということは、まだまだその意義が理解されていないということ。

地方対中央というような意識では、お上意識は抜けず、独自の政策など実行できないだろうという気がする。
地方に権限委譲されれば、というような言い訳も今更聞きあきた。
多分、今の自治体政治の中でもできることはあるはずで、それをどう実行しようとするかだろう。
そこが、河村市長、大村知事に問われるだろうなというのが名古屋市・愛知県問題への期待。

また、先日取り上げた「新潟県・新潟市」の取り組みも、気になる。

関連エントリ:新潟以外の政令指定都市は「州」になるのか?

地方対中央ではなく、各自治体の独自政策、独立意識が「地方自治」を高めていくのではないか。
書いていて、あまりに当たり前の意見で気恥ずかしいが、「地方自治」に欠けているのは
その「当たり前」のことのような気がしてならない。

今までは、中央とのパイプが強いことが「地方自治体」の生命線だった。
中央官庁出身であることを利用したり、地元出身の国会議員と組んで陳情すれば
中央から地方への金の流れを作ることができた。

しかし、この仕組が崩れてきた昨今、
中央とのパイプは「地方」の自治体首長の「ウリ」とはいえなくなってきた。
地方自治体も中央に陳情する力が強い人だけでは持たない時代なのだ。

既存政党の支持を得たエリート官僚出身候補が敗退し、
独自のマニフェストを掲げるカリスマ首長が登場する時代。

「地方」というくくりではなく「自治体」という組織の個別性に注目した
情勢分析、政策論争、選挙記事を読みたいと思う。

50にして惑う(不惑を過ぎたからかもしれない)

50歳を目前として、何かを本格的に学びたいと思うひとが多いようだ。

友人で、癌になったこともあるけど(2年間の定期治療で完治した)体について学び直した人がいる。

東洋医学になるのか、整体を学び、自分の体の奥底を知ることになったらしい。
他人の体を預かるには自分は向いていないと、整体を本業にするつもりはないのだそうだが
そこで、師匠に徹底的に指導された経験が、いま、何か新たなチャレンジに、彼を向かわせている。

別の友人は、去年からバレエスタジオに通っている。
49の手習いというか、本格的なバーレッスンなどをしているらしい。
しかも、最近男性の受講者は増えており、そうした動きがテレビで取材されているという。
昨日も、夜のニュースバラエティ番組で彼が習っているスタジオのレポートが放送されたらしい。
もともとエクササイズが好きで、30代の頃には、某ジムの会員として、
ある先生の追っかけをやっていたくらいなので体を動かすことが好きなのだろうけど、
本格的なバレエを習う快感は、エクササイズの時とは全く違ったものだそうだ。

私自身も、師匠について学びたい気持ちがある。
私は、勇気もきっかけもないままにだらだらと生きているので、
何かを習うことにはなっていないけど、このままではいけないという気だけは、十分にある。

体をいじめたり、根性を養ったりするのは本当に嫌なので、
何かを習うことには向いていないのだけど、
好きなゴルフをもう少し何とかしたいとか、ヨガや整体にも興味がある。

なぜ、50を目前にして「習いたい(しかも本格的に)」という欲求が湧くのだろうか?
そんな疑問を持っていたところ、今日、さとなおさんのブログを読んで、少しわかった気がする。

歴史の縮図を最短で再体験する@さなメモ
>それにしても「勉強したいなぁ」と思う。
先人たちが苦労して辿った細道に実存をねじこんで、この身で再体験したい。50歳を迎える今年、その必要性をひしひしと感じている。



内田樹先生の最終講義を聞いた当たりから続く、さとなおさんの思考の到達点は
「勉強したいなあ」だった。
アレだけの結果を出し、思考を続け、本を書き(しかも売れて)
本業でも最先端を行っている、(新・生活者消費行動モデル概念『SIPS』について
その人が、「勉強したいなあ」である。

関連エントリ:型があるから「型やぶり」がある@さなメモ
>当初は理不尽とさえ思えたそういう「型」に「自分自身の実存をねじこんで」いく。そこで何年も我慢して「型」に自分を合わせていく。実に狭っくるしいし窮屈だ。でも、それをしたものにだけ、眺望が開ける場所への扉が現れる。


多分人一倍本も読み、議論もし、文化にも触れているからこそ、
自分が「本格的に学んでいない」恐怖を感じているのだろうな。
何もかもが「我流」である恐怖。
誰かに免状を貰えるようなものをやっていないということは、
ちゃんと認めてもらっていないような気がするものなのだ。
まあ、誰に認めてもらいたいというわけではないけども、
誰かが認めてくれるようなジャンルにいるわけでもないけども
漠然と、フワフワとしているような不安というのか。

昔は、そういう心の動きを「地に足が付いてない」とか言ったんだろうけど、
「型に沿ってない」と言い換えてもいいかもしれない。

私の知人が習ったものが、二つとも昔からの「型」に沿った物であることは偶然ではないだろう。
彼らは、知らずうちに「型」に沿う快楽に寄ったのではないだろうか?

型があることを知っていても、時代の気分の中で型を否定して生きてきた世代として
改めて「型」がある強みと出会うのが、人生を折り返した50歳なのかもしれない。

>当たり前だけど、自分ひとりで長い歴史上の天才たちの足跡を越えるのは無理なのだ。
だからそれをまずコンパクトに凝縮された縮図として学ぶ。
それが「型」であり、テクスト(本、教科書)なのだろう。


無手勝流でやってこられたのは、
多分、高度成長という「新しいことばっかり」の時代に生まれた幸運だったのだけど
この「停滞が普通」の時代の中で、これを打破したり、グッと堪らえたりするには
長い時代を生き抜いた「型」に沿うことが必要なのかもしれない。

>「こんな時間の無駄みたいなことはしたくない」「自分はもっとこういうことがしたい」「こういうアイデアを持っている」とかいうのも大切だけど、創作料理的に世の中に出ておいしい料理を作り続けるのは並大抵ではない。

さとなおさんが、言うとおり。
僕たち世代はまだ、創作料理的でもなんとか、ここまで生きられた。
(さとなおさんが創作料理的だと言っているわけではないから、誤解のないように)

でも、これからは、新しい才能が時代に花開くのを手伝う側に回る年齢。
新しい才能に、「型」は大事だよ、と言ってあげられるかどうかも問われるような気がする。

もう一度、お茶を習いに行きたいな。
アレは良い体験だったし。
でも、むやみにえばる師匠に出会いたくないし、免状のために無駄にカネがかかるのは嫌だなあ。

こういう事言っているのがダメなんだろうか?

ついに採択:最先端・次世代研究開発支援プログラム

このブログで追いかけてきた「最先端・次世代」ですが、
ついに2月10日に発表になりました。

ファイル:若手・女性研究者支援、329件選定@毎日.jp
>政府の総合科学技術会議(議長=菅直人首相)は10日、優れた若手・女性研究者に重点的に研究資金を助成する初の事業「最先端・次世代研究開発支援プログラム」の配分先として329件、計約486億円を選定した。競争率は17倍。女性は25%の82件。助成額は最大4年間で2億円。

この年度末にようやく決まった。

若手や女性研究者に486億円 政府の助成プログラム@47news
>1件当たり支給額は4年間で最大約1億8千万円。対象を地球温暖化防止に寄与する「環境分野」と健康長寿社会につながる「医療・生命科学分野」に限定し、地域性を考慮して各都道府県から少なくとも1件を選んだ。

 対象者の80%以上は45歳未満で、最年少は25歳。女性研究者は約25%に当たる82人だった。


それにしても、この2件しか記事がない。

一覧のPDFも誰かがアップしている。

これは、こちらで知った。(私は別ルートでPDFを貰っていたのだけど)

最先端研究開発プログラム 課題決定@科学技術政策ニュースクリップ
>総合科学技術会議や日本学術振興会の該当ページにまだ採択課題が出ていないのだが、どなたかがウェブにアップしている(いずれ政府のページに公開されると思うが)。

そう、まだ総合科学技術会議日本学術振興会も結果をアップしていない。

早く教えたらいいだろうに。連休明けですか仕事は。
どういう事なんだろうなあ。その態度は。

追伸:47ニュースと毎日以外で記事になっていないというのも不思議だ。

大隅先生がブログ記事を削除したらしいのも不思議だ。

JSPSの当該ページにもまだ掲載されていない(2月14日11時現在)のも不思議だ。
総合科学技術会議から連絡行ってないのかね?

プロントで「ポッピー」を飲んだ

夕べは、夕食兼一杯と思って、プロントへ。

カウンターに座り、20時までのイブニンGOODセット
(プレミアムモルツ中生とおつまみのセット)を頼み、
その他に何を食べるか決めようとメニューを眺めていると、
「ポッピー」という単語が目に入りました。

ホッピーではなく「ポッピー」。

ホッピーは、ホッピービバレッジが販売するビアテイスト飲料。

ホッピーとは@ホッピービバレッジ

では、サントリー系列のプロントがだしたポッピー(650円)とは、
オールフリーにスカイウォッカを入れたビアテイストのメニューで、
ホッピーで言うところの「中」(焼酎)にあたるスカイウォッカ(200円)の追加や
「外」(ホッピー)に当たるオールフリーの追加(300円)を「替え玉」と称していました。

博多ラーメンか!

しかも、公式ホームページのドリンクメニューには載ってませんね。
もしかして、新宿三丁目だけかと思ったらば、
「プロント ポッピー」でググッたところ(結果

プロント 柏東口店@ぐるなび千葉
>新登場

と掲載されてますね。
他のプロントにもあるようです。

それにしてものなるコール、ビールテイスト飲料であるオールフリーの売り方として、
ウォッカを入れてホッピー替わりというのはどうなんだろうなあ(笑)

オールフリーの開発者は、そんなことのために作ったんじゃない(泣)とか言ってないのだろうか。

ホッピーがノンアルコールなのは、ビールの製造に一定量以上の製造能力が必要で
ホッピー社は、それを満たせなかったけど、ビールが造りたかった先代が、
赤坂でノンアルコールのビアテイスト飲料を作ったわけです。
(酒税法改正でビールの最低製造力が下がり晴れてビール製造を開始→こちら

そういう経緯を思うと、余計にオールフリーにウォッカを入れて「ポッピー」という名前をつけるサントリー(なのかプロントなのか)にはホッピーへの敬意が足りないなあと思いますね。

しかも、ホッピーよりもまずい。
オールフリーって飲んだことなかったけど、やっぱりビールと思って飲むには無理があるなあ。
アレならば、ホッピーの瓶を買って飲みたい。

いつまで続く商品かわかりませんが、ポッピーはもう飲まないと思います。

麻雀も統計だ:【本】おしえて!科学する麻雀

実は私、中学の時から麻雀をしておりますが、決して強くありません。

自覚症状は、手が遅い。つまり、なかなかテンパら無いわけです。
だから、相手のリーチに無理して追っかけて振り込むという展開が多い。

それ以上に、良く当たり牌を引く気もします。まあ、気がするだけですけど。

では、勝つ人の麻雀とは、負ける人の麻雀とはという話になるわけで、
その時、だいたい自分の経験をもとに語ることになり、埒があかない。

しかし、麻雀を統計データから論じた本が出ました。
それが、2004年に出た、この本。
科学する麻雀 (講談社現代新書)科学する麻雀 (講談社現代新書)
とつげき東北

講談社 2004-12-18
売り上げランキング : 4259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


麻雀の本を新書で、しかも数式満点で展開したことに
衝撃と共に、異論が噴出しました。

しかし、ネット麻雀の隆盛と、ネット出身プロの登場など、
麻雀が閉鎖的な空間の中のものではないことが明らかになったという意味でも
この本の登場は意義深いものでした。

そして、その内容をもう少し分かりやすくした本が、
今回私が読んだ、この本。
おしえて!科学する麻雀おしえて!科学する麻雀
とつげき東北 福地 誠

洋泉社 2009-02-25
売り上げランキング : 5993

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新書の筆者であるとつげき東北さんの文章をわかりやすくするために
東大出のフリーライター福地誠さんが編著者として参加したことで、
文章がこなれ、その分一般的になりました。

目次
第1章 麻雀とはどんなゲームか?
こんな麻雀必勝法は信じてはいけない/勝ち負けに「ツキ」などない/「流れ」を意識するなど無意味/麻雀はこんなにシンプルなゲームだった/麻雀を制する13の法則 etc
第2章 生ぬるさを排除せよ!攻撃の方法
自分が先にリーチできる場合/自分はリーチまであと一歩、相手のリーチはなしの場合/相手のリーチを受けて自分の手がほどほどの場合etc
第3章 勝敗の分岐点!押し引きの判断基準
第4章 勝率の最大決定要因!オリの技術
第5章 解けば思考法が身につく!実践演習30題
第6章 最新レポート!打ち筋データ分析
第7章 強者間の実力差の要因は3つしかない!


でも、麻雀を知らない人はともかく、麻雀を嗜む人は、
そんな理論部分より先に第6章のデータ分析から読むことをおすすめします。
とにかく、セガネットワーク対戦麻雀MJ4の800万局のデータから、
300試合以上対戦している400人を母集団に統計的に分析された
傾向と分析がなかなかに「目からウロコ」なのです。

当たり前といえば当たり前な「アガリ率が高く振込み率が低い人が上位」
という言葉に実証的な数字がついてくるわけです。
しかも、上位者は4回に1回アガリ、8回に1回しか振り込まない。
上位者ほどテンパイスピードが早く、ファーストリーチ率が高い。
そして、相手がテンパイすると現物を切ってオリル
という、まさに「当たり前」の戦術を高い確率で実行する人が勝っているという事実。

その事実が数字と共に迫ってきます。

数値の分析結果を表した戦法には、いろいろと議論もあると思いますが、
筋を読むよりは、現物を切っていく着実な行為こそが「負けない」ことという
事実さえ身につければ、この本の効果はあったも同然でしょう。

ミクシーのゴルフコミュの仲間と始めた麻雀コミュでの試合で
この本を読んだ結果を試してみたいと思います。

表紙は可愛いが中身は……:【本】哲学する赤ちゃん

これから読む本ですが、表紙とは裏腹らしい。


哲学する赤ちゃん哲学する赤ちゃん
アリソン ゴプニック Alison Gopnik

亜紀書房 2010-10
売り上げランキング : 11469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最近、ツイッター上での付き合いですが、お子さんが生まれたウチが多いので
赤ちゃんについて改めて知りたいなと思って買いました。

哲学する赤ちゃん@亜紀書房
>内容紹介

・現実と非現実をわきまえ空想している
・ものごとの因果関係がよくわかっている
・実験し、統計的分析をしている
・ランタン型の広い意識をもっている
・記憶力がいい
・ひとの性格を読み取っている
・ひとのことを純粋に思いやる
etc...


大人より賢く、思いやりがある赤ちゃんの驚くべき能力が最新科学の知見から次々と明らかになっている。赤ちゃんの深遠な世界へと誘う全米ベストセラー!


出版社も目次ぐらい乗せてくれればいいのに。

厚いし高いので、万人向けではないけど、
「子供は科学者と同じやり方で学習する」と言われると興味そそりますね。

赤ちゃんは、大人よりも賢いのではないかと思っていましたが、
生き残るために大人をリードし、そしてそんなことを忘れていくのはなぜなのでしょう。

ということで、読んでみます。

八百長メール事件に出てくる力士の所属部屋を調べてみた

大相撲の八百長メール事件ですが、八百長よりも、どこの部屋の力士かが気になる。

千代白鵬 九重部屋   九重親方といえば千代の富士。その千代をもらったのにねえ。
竹縄親方 春日野部屋  春日錦が引退して竹縄親方になったばかり。
            春日野部屋といえば、元栃錦が親方だった頃(先々代)は理事長でした。
谷川親方 八角部屋   海鵬が引退して谷川親方になった(引退興行は今年やったばかり)。
            八角親方は元北勝海。九重親方の弟分ですね。
清瀬海  北の湖部屋  北の湖親方が理事長だったときからいろいろ出てきたなあ。
恵那司  入間川部屋  どうもこいつが間抜けなメールの首謀者ですな。入間川部屋は春日野部屋からの分家。
霧の若  陸奥部屋   陸奥親方は元霧島。親方もクンロク大関ではあったけどねえ。
豊桜   陸奥部屋   同上
翔天狼  藤島部屋   モンゴル人力士。
            昔の武蔵川部屋を吸収した新生藤島部屋。若貴の頃とは違う部屋だ。親方は元武双山。
            武蔵川は北の湖のあとに理事長をつとめた元三重ノ海。
霜鳳   時津風部屋  双葉山が設立した名門時津風。なのに暴行事件だの野球賭博だの、事件の陰に時津風アリ。
光龍   花籠部屋   モンゴル人力士。親方は元太寿山で二子山部屋から分家。
旭南海  大島部屋   親方は元旭國。旭天鵬とか旭鷲山とかモンゴル人力士が活躍してきた部屋。
若天狼  間垣部屋   親方は元2代目若乃花。貴乃花親方を支持して二所一門を脱退。
白乃波  尾上部屋   親方は元濱ノ嶋。大関把瑠都が所属。北の湖部屋と同じく三保ヶ関部屋から分家。
山本山  尾上部屋   同上。日本人最重量で名を売った力士。

この人達が何故つながったかは、部屋の関係を見ると透けてくる。

出羽一門 春日野、入間川、尾上、藤島
二所ノ関一門 花籠、間垣(脱退したけど元は二所一門)
時津風一門 時津風、陸奥
高砂一門 九重、八角
立浪一門 大島

一門では連合稽古と言って巡業で一緒に稽古をしたり、出稽古しあったりと仲がいい。
だから、一門内の他の部屋の力士と知り合う機会も多い。
そこに、星の貸し借りの始まりがあるのかもしれない。

それにしても、歴代理事長にゆかりの部屋ばかりなのはなぜなのだろうか。
理事長になると忙しくて部屋の運営に目が行き届かないと言われている。
だから、理事長の部屋の力士が上位陣にいる例は少ない(最近では武蔵川くらい)

こうした風紀の乱れ、意識の低下も、そうした親方の目が届かないからなのだろうか。
それとも、理事長の部屋こそ率先して相撲界を象徴しているのだろうか。

関取をひとりでも出すと部屋経営は安泰で、親方も力士も十両を保つことが目的になってくる。
親方も関取にはなかなか苦言を呈さなくなるらしい。
そういう親方と力士の力関係の中で、八百長してでも地位を保全することを注意する人がいなくなっていったとしたら……。

放駒理事長が「過去にはなかった」といったのは本当に虚しい声だった。
元魁傑という力士は清廉潔白でも、その現役時代には、やっと勝ち越しのクンロク大関だの、
平幕の上位と下位を行ったり来たりするエレベーター力士だのが多かった。

今の親方たちの時代のことである。

ここで八百長を取り締まるには、本当に親方たちの意識を変えないといけないのだろう。
さらに言えば、部屋の数を減らし、指導能力のある親方、経営能力のある親方の養成が必要だ。
野球と相撲だけがコーチや監督の養成プログラムを持たないままでいいとは言えないだろう。

ましてや相撲は部屋の経営者でもあるのだから。

力士個人のせいで終わるのではなく、部屋制度そのものに手を入れないと相撲協会は終りだろう。

命令の先には「通達」というのもあるのか

昨日、「行政」ということから思いついて書いたエントリですが

行政には「命令」がある

これをさらに調べていくと、いろいろ思うことがあります。

特に「命令」というのが、官僚が偉そうにしている基本なんだなと思い始めてます。

似たようなものに「法令」という言葉もありますね。
wikipediaによれば
>法令(ほうれい)は、一般に、法律(国会が制定する法規範)と命令(行政機関が制定する法規範)を合わせて呼ぶ法用語。


「法律」+「命令」で「法令」という分かりやすい話。
でも、その中身は分かりにくい。
>法令という語は、一般には法律(国会が制定する法規範)と命令(国の行政機関が制定する法規範)を合わせて呼ぶ法用語である。しかし、もろもろの法規では、法律と命令のほか、条例や規則(地方公共団体が制定する法規範)、最高裁判所規則(最高裁判所が制定する法規範)、訓令(上級官庁が下級官庁に対して発する命令)などを含めて「法令」と呼ぶこともある。このように、「法令」という用語の使い方は、かなりまちまちである。結局、個々の用例に則して、その範囲を決めるほかはない。

e-Govというデータベースサイトがあった。
>e-Gov(イーガブ)は総務省が運営する総合的な行政ポータルサイトです

ここでは、「法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。」とある。

wikipediaの法令でも同様に
>日本の現行法令には、憲法(日本国憲法)、条約(憲章、協定、議定書などを含む。)のほか、法律、政令、命令(府令、省令、各省庁等が定める規則、庁令)、最高裁判所規則、議院規則(衆議院規則、参議院規則)、ならびに条例、各地方公共団体の首長や行政委員会が定める規則がある。

その数が(2008年6月末日現在)
憲法 1
法律 1791
政令 1836
府省令 3238
その他(勅令、閣令、太政官布告) 92

政令や府省令の数が多いことに気づきます。
それぞれを各wikipediaのページで見ると

政令:政令(せいれい)とは、命令のひとつで内閣が制定する成文法をいう。行政機関が制定する成文法である命令の中では優劣関係で最も高い位置づけになる。法令番号(政令番号)を持つ。

府令:行政機関が発出する命令の一つであり、「府」が発出するものをいう。それぞれの府に係る主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、又は法律若しくは政令の特別の委任に基づいて、それぞれの府の長が発出するとされている

省令:命令のひとつであり、各省の大臣が主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、又は法律若しくは政令の特別の委任に基づいて発する成文法をいう

規則:府省の外局である庁の長、同じく府省の外局である行政委員会、人事院、会計検査院が定める命令。

庁令:行政機関が発出する命令の一つであり、「庁」が発出するものをいう。庁に係る主任の行政事務について、法律若しくは政令を施行するため、又は法律若しくは政令の特別の委任に基づいて、庁の長が発出するとされている

現状、府は総理府、庁は海上保安庁しかないので、それぞれから出されるものですね。
そして、これらの下に、各自治体内で通用する条例があります。

条例:地方公共団体が制定する自治法。地方議会がその議決により定めるものや、地方公共団体の首長が定めるもの(規則)、地方公共団体の委員会が定めるものなどがある。条例は法律の範囲内で制定される。


そして、こうした法令の解釈のために出されるのが「通達」です。
>行政上の取扱いの統一性を確保することを目的として定められる。 内容としては、法令の解釈、運用・取扱基準や行政執行の方針等、様々なものがある。
あくまでも行政機関内部における指針であり、国民の権利・義務を直接に規定あるいは制限するものではないので、上級行政庁が行政監督権限に基づき発することができ、法律の根拠を要しない。
法令の解釈を内容とする場合、当該法令の行政解釈を示すものとして位置付けられる。行政機関がこれに沿って事務を行うことで事実上の強制力が生ずることから、一般的には、いわゆる有権解釈として理解されることが多い。


この通達で、中央官庁が地方自治や監督組織を縛っているわけです。

「命令」と「通達」という仕組みが、行政を支えていることを知りました。
大学が心理学科だったので、こういう話をやらなかったんですよね。

結局、政治家が「法律」を作ったり、内閣が「政令」を出しても、
「省令」の素案を作る役人の筆先で、運用を左右することはできるし、
「通達」でどういうふうに現場で適用するかについてコントロール可能であるわけで、
それが、中央官庁の許認可権とともに役人の「胸先三寸」であるということなのですね。

昔、金融ビックバンと言っている頃に、金融関係の法律の改訂について
専門家に原稿依頼していたことがあります。
そのときに、法律が決まっても、運用の仕方の合意ができないと書けないんですよね、
と言われて驚いたことがありました。

その時も「通達」というものの強制力の強さを感じましたが、
それは行政全般に渡ることなのだなと知った次第です。

遅いですけどね。

政治主導と言って「法律」のところばかり見てもだめで、
「省令」「通達」がどうなるのか、そこに本当に政治主導はあるのか
そういう視点で見ていかないと行政の秘密はわからないようです。

さらに言えば、政権が変わってもどうにでもなると
官僚がタカをくくっているわけはこのへんにあるわけですね。


行政には「命令」がある

行政って、わかりにくい存在だなと思っていたら、もともとわかりにくいものらしい。

「立法」「司法」に比べて、「行政」がわかりにくいのはなぜか@モジログ
>「立法」は法をつくること、「司法」は法を解釈すること、というのは比較的わかりやすいが、「行政」とは何をするところなのか。この「行政」のわかりにくさは、そもそも「行政」というものの発生経緯によるのである。

立法権、司法権、行政権というのが国家の権力の3権で、それが互いに独立し監視するのが三権分立。

でも、小沢さんの騒動を見ていると、立法と司法も分立しているんだか、なんなんだか。

そういう事じゃなくて、この二つに比して「行政」というのは、なんだか定義がわかりにくい。

モジログのこの記事によれば
>行政とは「国家作用のうち、立法と司法ではない部分」というふうに、消極的に定義される(控除説)ものなのだ。

ということで、立法も司法も「法律」という
国家のルールの製造と運用結果の評価(裁判)を司っていて、
その間である法律が運用される場が行政の守備範囲ということになるのだろう。

面倒くさいところは全部「行政」ということだ。

法治国家というぐらいだから「法律」がルール。
でも、その運用を人間が暮らしやすいように「緩和」したり、
犯罪や不正が起きないように「強化」したりする基準を考えるのが行政の仕事で、
その行政を支えるのが「命令」というもの。

命令(wikipedia)
>命令(めいれい)とは、行政機関が制定する法規のことである。

命令は、法律との関係で主に以下のように分類される。
執行命令
法律の規定を執行するために必要な細則を定める命令
委任命令
法律が立法権を行政機関に委任したことにより定められる命令
独立命令
法律とは無関係に、行政機関の独自の権限に基づき定められる命令
緊急勅令
緊急時に、法律に代わって制定される天皇の命令

しかも、発行機関によって5種類ある。
(政令、府令、省令、規則、庁令)

また、命令は行政手続法で次のように決められている。

●行政手続法に基づく命令又は規則
審査基準
申請により求められた許認可等をするかどうかをその法令の定めに従って判断するために必要とされる基準をいう。
処分基準
不利益処分をするかどうか又はどのような不利益処分とするかについてその法令の定めに従って判断するために必要とされる基準をいう。
行政指導指針
同一の行政目的を実現するため一定の条件に該当する複数の者に対し行政指導をしようとするときにこれらの行政指導に共通してその内容となるべき事項をいう。


命令の内容を見ていくと、法律よりも「身近で」我が身を縛るものが多い。
こうした事情からわかるように、
結局、行政は、立法や司法とは独立に、命令を駆使して生活を縛っている。

民の目から見れば、立法や司法が遠くで叫んでいても、
行政がどう「運用」するかで自分たちの日常は統御されていくわけだ。

そして行政を運営する人々を、市民は選べない。
行政府である役所のトップが大臣で、大臣は議員だから選んでいるように見えるけど、結局そうではない。

地方であれば、議会と首長の両方を選出(二元代表制)できても、行政機関は別の動きである。

行政が投票に沿わないというのも、行政が分かりにくい理由のようにも思う。
議論する場、決定する場が見えにくいからだ。

少なくても、この「命令」が決定される過程が曖昧ではなく、その決定内容と履行を明確にして欲しい。

たしかに、命令はネット上で意見を公募するようになった。
>論文命令等制定機関は、命令等を定めようとする場合には、当該命令等の案及びこれに関連する資料をあらかじめ公示し、意見・情報の提出先及び意見提出期間を定めて広く一般の意見を求る意見公募手続を行わなければ成らない

しかし、その意見が生かされているのかどうかは、さっぱりわからない。

この「命令」の存在が、行政機関の優位性と、行政マンたちの権力の元になっている。
しかも、行政が分かりにくい以上に、命令は分かりにくい。

政治主導も、こういう所に手を入れてもらいたいものだ。
司法と立法の綱引きばかりじゃなくてね。

築地本願寺が改修だそうです

日曜日に行ってきた築地本願寺。
R0010914.jpg

親鸞の750回忌というのには驚きますが、それに向けて改修だそうです。

築地本願寺、竣工以来初の大型改修へ-親鸞聖人750回忌に向け@銀座経済新聞
>築地本願寺(中央区築地3)は2月より、1934(昭和9)年の竣工以来初となる大型改修に乗り出す。

 築地本願寺は1617年、京都・西本願寺の別院として浅草に建立。1657年の大火によって消失し、門徒が現在の地を埋め立て土地を築き、1679年に本堂を再建。これが築地の地の始まりとなった。その後も災害で何度か倒壊し、1923(大正12)年に関東大震災により本堂が消失。現在の建物は1934(昭和9)年に完成した東京大学伊東忠太博士の設計によるもの。


戦前の建築ですから、だいぶ痛んできているんでしょうね。
それにしてもこのインド風の建築物が、伊東忠太だったとは。

平安神宮や明治神宮の設計家でもあります。

神社も寺も何でもコイなんですね。

「建築」という言葉を作った人でもあります。

さて、本願寺ですが、しばらく中に入れないみたいですよ。
>2月から徐々に改修を進め、来年10月末の完了を見込む。来年の親鸞聖人750回忌「大遠忌」に向け初めて取り組む大規模改修で、翌2013年春には新しくなった本堂で大法要を執り行う予定。

築地というのは、この本願寺を作るために埋め立てた場所ですからね。
本願寺抜きでは語れません。

本願寺境内の隅に立つ親鸞聖人像。
R0010916.jpg
R0010917.jpg

親鸞聖人も750回忌を祝われるとは思ってなかったでしょうね。

今回GXRで色々撮影してきました。

R0010913.jpg
R0010906.jpg
R0010904.jpg
R0010898.jpg
R0010921.jpg
R0010902.jpg

モノクロで、50ミリくらいにしてスクエアで撮る感じが、ちょっと気に入ってます。。

1月の人気記事

2月になりましたね。2011年1月の人気記事です。


記事数:35エントリ(前年同月は74エントリ、前月は44エントリ)

記事の数を稼ごうと無理した記事が続出したせいか、アクセスが減ったり、
内容が面白く無いと指摘されたりしたので、途中で一度考え直しました。
書けばいいんじゃなくて、やはり自分らしい記事を書こうと。

そして、それは、やはり自分の視点、自分の解釈がある物で、
読者にプラスアルファを与えられる記事でなければいけないと思った次第。

これからも、ひとつ付け加える、ひとつひねる、一味加えた記事を書きたいと思います。

アクセス数ベスト10は第1位から以下のとおり

年度内に使えるのか?:最先端・次世代研究開発支援プログラム

勝手に国民のせいにしないで欲しい:最先端・次世代開発支援プログラム

まだ決まらないとは:最先端・次世代研究開発支援プログラム

今後注目したい:最先端・次世代研究開発支援プログラム

寛平ちゃんのアースマラソンが本になる件

ファンです「すみきちブログ」

行かないのか、行けないのか

@niftywimaxからbicwimaxに変えてみた

Wii Fit Plusのゴルフレッスンはマジで疲れます

第3回デザインマーケティングカフェ「デザイン思考とデザイン戦略」に行ってきました(#dmcafe)写真入れました


最先端研究の話が上位を独占。
ようやく動きがありましたけど、内容がひどいなあという話ですね。

寛平ちゃんは本当に地球を一周して帰ってきました。
すみきちさんは、NHKをやめて独立するらしい。

そんなテレビネタから、検索で昔の記事が掘り起こされました。

きちんと書いておくと、何時かまた皆さんの目に触れるというのがブログの面白いところですね。

芝居噺を芝居にする難しさ:【観劇】真景累ヶ淵

日曜日31日に、遊戯空間公演「真景累ヶ淵」を築地本願寺の横にある「ブディストホール」で見てきました。
R0010925.jpg


ブディストホールに行くのは20数年ぶり。
すっかり忘れていましたが、会場に入ると、その客席(164席)と決して広くない舞台に記憶が蘇りました。

そういえばきたことあるなあ、あんな芝居を見たなあという場所の記憶。

場所の記憶といえば、この芝居は茨城県羽生町の法蔵寺裏手あたり
鬼怒川の累ヶ淵という「場所」が出てくる。
その場所にまつわる「累ヶ淵伝説」の後日談として、
同じ羽生町の名主惣右衛門家の奇譚を「惣右衛門の死」と
「惣右衛門の妻の死に関わる息子たちの敵討ち」として全97章の話にまとめられたのが、
三遊亭円朝の名作怪談噺「真景累ヶ淵」なのだ。

いわば「場所の記憶」としての「累ヶ淵」なのですね。

青空文学図書カード
>真景累ヶ淵は圓朝21歳(1859(安政6)年)の作といわれる。当初の演題は「累ヶ淵後日(ごにち)の怪談」と題し、道具仕立ての大掛かりな噺であったらしい。
しかし、明治維新を経て、1872(明治5)年より素噺(すばなし)に転向した圓朝は、「文明開化に怪談は通用しない」という言を容れて、演題を「真景累ヶ淵」と改めた。「真景」すなわち「神経」、幽霊というものはこの世にあるかないか分からないけれども、あると思うのは「神経」の為せるわざである、というのである。これが新奇を求める人々に大いにうけたらしい。


ということで、この芝居は、芝居噺として作られた怪談噺のうち、
後年の落語も演じるようになった前半部分の話、
「惣右衛門の死」に関わる部分を芝居に仕立て直したもの。

その試みは、成功していたのかいないのか。
苦労したことは演出の端々からよくわかった。

役者の衣装がことごとく赤かったのは「血」をイメージさせたのだろうし、
役者が持つ小道具は「扇子」と「手ぬぐい」という落語へのオマージュ。
舞台装置も、半透明の衝立と二つの回り舞台をつかって場面転換をスピードアップさせ、
次々と登場人物を出しては殺し引っ込めるのに腐心していた。
この点は効果的で良かった。

そして賛否が分かれるところが、地の文を語る語り部を上手に座らせたこと。
そこは、全て芝居で分からせるべきではないか、という指摘もできよう。
さらに、語り部が章ごとに代わる演出で、観客の気持ちを切り替えていたけど、
語り部の巧拙がシーンの巧拙以上に、見る側の芝居への集中度合いを左右し、
集中しにくかった。
ただ、この地の部分で状況を説明したことで、長大な物語を少しは刈込たろう。

それにしても休憩を入れて3時間は長い。

元が芝居噺だけに、そのままでも十分演劇的であることは、
歌舞伎(「豊志賀の死」)や映画(「怪談」)になっていることからも証明済み。

その点では、この芝居は分が悪い。
芝居噺のようなこけ脅しというか、ケレン味はなく、
オーソドックスな演出だけに驚きとおぞましさに欠けた。
(もっと観客が叫ぶような脅かしがあっても良かったかも)
見側にとっては恐い話ではあったが、背筋がぞくっとするような感じにはならなかった。
それが残念。

是非原作を読んでみていただきたい。
青空文学での書き起こし 


それにしても、圓朝はすごい。

真景累ケ淵 (岩波文庫)真景累ケ淵 (岩波文庫)
三遊亭 円朝

岩波書店 2007-03-16
売り上げランキング : 162883

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


円生が通しでやってますね。

圓生百席(55)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~1「宗悦(そうえつ)殺し」~2「深見新五郎」圓生百席(55)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~1「宗悦(そうえつ)殺し」~2「深見新五郎」
三遊亭円生

ソニーレコード 1998-03-21
売り上げランキング : 147008

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



圓生百席(56)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~3「豊志賀の死」~4「お久殺し」圓生百席(56)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~3「豊志賀の死」~4「お久殺し」
三遊亭円生

ソニーレコード 1998-03-21
売り上げランキング : 146360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


圓生百席(57)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~5「お累(おるい)の婚礼」~6「勘蔵の死」圓生百席(57)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~5「お累(おるい)の婚礼」~6「勘蔵の死」
三遊亭円生

ソニーレコード 1998-03-21
売り上げランキング : 134447

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


圓生百席(58)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~7「お累の自害」~8「聖天山」圓生百席(58)真景累ヶ淵(しんけいかさねがぶち)~7「お累の自害」~8「聖天山」
三遊亭円生

ソニーレコード 1998-03-21
売り上げランキング : 151109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。