fc2ブログ

民主党のマニフェストの重箱の隅をつついてみる

民主党のマニフェストが出た

というエントリを丸一日「下書き」のまま放置していたことに気づいた。
今日「公開」にしたけど、昨日のうちに書いていたんだよお。

ダウンロードして、じっくり読んでみた。

ばらまきにしか見えんな。

金を出す話ばかり。そのために何かを引き上げますとか、税率がとか、痛みの話は無し。
こういう話は信用できない。

税制改正について、消費税は4年いないは議論はするけど手は付けないと言ったわけだし。

鳩山さんはもう首相になったつもりなのか、当選後の衆院選には出ないとか言っているし。
はしゃぎすぎじゃね?

マニフェスト政策各論を読んでいくといくつか気になる政策がある。

●誹謗中傷の抑制策、「なりすまし」への罰則などを高じつつ、インターネット選挙活動を解禁する。

これはいいね。もっとやるべき。

●衆議院の比例定数を80削減する。参議院については選挙制度の抜本的改革の中で、衆議院に準じて削減する。

比例が180だから100にすると言うことか。選挙区の300も多すぎないかなあ。

●母子家庭と同時に父子家庭にも児童扶養手当を支給する。

父子家庭はもらっていないのか、という驚きがある。お父さんの子育てを考えてなかったんだろうな。

●教員の資質向上のため、教員免許制度を抜本的に見直す。教員の養成課程は6年制(修士)とし、養成と研究の充実を図る。

養成を見直すのではなく、すでに免許を与えた人の再教育に力を入れるべき。

●認定NPO法人制度を見直し、寄付税制を拡充するとともに、認定手続きの簡素化・審査期間の短縮などを行う

NPO法人がどう社会を変えるかは、もう少し増やさないとダメだね。寄付税制の拡充は賛成。

●「中小企業いじめ防止法」を制定し、大企業による不当な値引きや押しつけ販売、サービスの強要など不公正な取引を禁止する

名前がださい。すでにある各種法律の運用でできないのか?

●自殺の大きな要因ともなっている連帯保証人制度について、廃止を含め、あり方を検討する。

金の貸し方の問題と借り方の問題に手を入れすぎると、結果としてヤミ金融が流行る気がする。

●2カ月以下の雇用契約については、労働者派遣を禁止する。「日雇い派遣」「スポット派遣」も原則禁止する

舞台役者とかダンサーとか、バイトで食べている人たちが干上がるんじゃないですかね。
定期的な職に就かないで、自分たちの夢を目指す人に優しい社会も考えていただきたい。

●性別、正規・非正規にかかわらず、同じ職場で同じ仕事をしている人は同じ賃金を得られる均等待遇を実現する

同じ仕事だと誰が判断するのかという問題が残っているように思う。均等待遇という言葉も難しい。
この方向性はすばらしいけどね。

●国立大学法人など公的研究開発法人制度の改善、研究者奨励金制度の創設などにより、大学や研究機関の教育力・研究力を世界トップレベルまで引き上げる

教育力と研究力を引き離して考えないとダメだね。これが一番不透明な感じがする。


まあ、重箱の隅なんですけどね。

何かの省庁を創設したり、法律を作らずに事が進められないものだろうかと思うなあ。
たぶん運用でできるはずだよ。役人は意外に運用に自主性が与えられている。
政治家が運用に自主性を持たないで、役人に対抗できるかなあ。

自民党のマニフェストは金曜日らしいので、それはまた突いてみたい。
スポンサーサイト



納涼船を卒業して屋形船で涼む

火葬の最中に帰ってきたのは、夜の予定に間に合わせるため。

隅田川花火大会の翌日という絶好のコンディションの中、
新宿某店主催の夏のイベントで屋形船に乗ってきた。

つい2週間前にも屋形船に乗ったばかりだけど、
前回が50人という大所帯だったのに比べると、
今回は、20人の飲み仲間という気の置けないメンバー。

半分くらいは浴衣で来るというので、前もって浴衣を店ののりちゃんに渡しておいて、
持ってきてもらうという大胆な作戦で、葬儀から屋形船というテンションの違うイベントを超える。

スタートは越中島の水上船乗り場。
この間よりも一回り小さい屋形船は、こじんまりした宴会にぴったりのサイズ。
絶妙の距離感が宴会のムードを盛り上げる。
乗船してすぐにトイレで浴衣に着替え、準備万端整ったところでスタートした。

ハイスピードで飛ばすと結構揺れるので、スリル満点でお台場沖まで行き、
またガンダムを海から見る。今回の方が近くまで寄ってもらったのでよく見えた。
(写真は無し)

揚げたて天ぷらを食べ、刺身を食べ、酒を飲み、カモメをからかい、くだらない話に歓声を上げる。
すっかりリラックスして、返って葬儀のことなど考える。
生きてればこその宴会だからねえ。

昨年まで数年、毎年夏は納涼船だったのだけど、
東京湾納涼船に今年も行ってきました
東京湾納涼船で考えた

船内の騒ぎについて行けず、船上の暑苦しさについて行けないので、
おじさんたちはもう、屋形船でしょ、とばかりにシフトすることにした。
金額は1万円とお高くなるけども、かなり満足度が高いイベントになった。

夏を満喫した夕べとなった。

民主党のマニフェストが出た

とりあえず要旨はこちらで。

民主党マニフェスト要旨(1) @47ニュース


民主党マニフェスト要旨(2) @47ニュース


全文は、民主党のホームページから。

民主党の政権政策Manifesto2009
>政治とは、政策の予算の優先順位を決めることです。私は、コンクリートではなく、人間を大事にする政治にしたい。官僚任せではなく、国民の皆さんの目線で考えていきたい。
縦に結びつく利権社会ではなく、横につながり合う「きずな」の社会をつくりたい。
すべての人が、互いに役に立ち、居場所を見出すことのできる社会をつくりたいのです。


よく読んで、投票に備えたいものです。

要約を読んだだけだと、何となくバランスが悪い気がするんだけどね。

エニアグラムをやってみた:4だった

エニアグラムってなに?
という気もするけど、性格分類の一手段ですかね。

エニアグラムのタイプ分け、やってみた ●干場@ディスカバー社長室ブログ
>エニアグラムの名前はもちろん、しっていたけれど、自分のタイプは知らなかったので、さっそくやってみると……
たしかに、タイプ7だった。でも、それとほとんど同じ数でタイプ8も。少しだけタイプ3もあるかな。


ということなので、自分でもやってみた。

干場社長もおすすめのエニアグラム無料診断でGO


結果はタイプ4が10とトップ。
タイプ4は「芸術家」だそうです。
診断結果でツボだったのは、ここ。

>タイプ4番の決してしないこと

これまでの肯定的な体験だけを思い出して1ヶ月過ごすこと。
ゴールデンウイークに旅行すること。
もっとも売れているファミリーカーを買うこと。
ルールや常識を率先して守る


確かに。あと、これも納得。

>タイプ4番のされて嫌なこと

あなたを理解しようとせず、きちんと対応されないこと。
他人の前で傷つくようなことを言われること。
自分の空間と思っている場所を軽率に侵害されること。
やりたくないことを頭ごなしに強制されること。


これも痛いところを突いている。

>タイプ4番のマイナス面

あなたは自分は特別だと思っているので、優越感を持ち、お高くとまっているような印象を与えます。その為、互いに平等な関係を結ぶのが困難です。時として何か喪失感のようなものがあり、悲観的な気分に流され、希望を失ってしまいます。あらゆることを、個人的に解釈し、自分の世界に没頭して孤立します。非現実的になり、どんな圧力も受けない幻想の世界に生きます。


これ以上は痛すぎて書けない感じですが、

あとタイプ6の要素も強い。
タイプ6は堅実家。

続いて、タイプ1とタイプ8。 完全主義者と統率者。

そう言う要素が入り交じった人間だと言うことで、
エニアグラムで、それを知ってコーチングで対するといいよ、というものですね。

なるほど。

マイナス面に気をつけて、そこをどう克服するか、またどう表面化させないかがポイントですね。

564件の応募があったらしい:最先端研究開発支援プログラム

どうなることかと見守ってきた最先端研究開発支援プログラム。

564件の応募があったそうです。すごいね。

【 2009年7月28日 最先端研究開発支援プログラムに564件の応募 】@サイエンスポータル編集ニュース
>3-5年間で世界をリードし、世界のトップを目指す課題約30に総額2,700億円の研究開発費を投じる最先端研究開発支援プログラムに対し、564件の応募があったことを内閣府が27日発表した。

内閣府のプレスリリースは、こちら

24日に締め切られた所定様式での応募の件数ですね。
ここから31日までに自由書式で応募書類を出す人が(出せる人が)どれくらいいるのか。

そして、8月に入って、そのウチ90件を選ぶのが最先端研究開発支援ワーキングチーム。

さらに8月17-24日これら対象課題の中心研究者に対するヒアリングを実施して60件に。

それが最先端研究開発支援会議(座長・首相)で30件に絞られると。

何が残るのか、もう予想してますか?
私は正直なところ、10件くらいは思いつきますが、残りは見当もつきません。

でも、こんな研究があったのか、というような驚きを感じたいなと思ってます。
8月末まで予断を許しませんね(ニュース風の締め)

poor man's parのすすめ

ゴルフをしない方、ゴルフをあまり知らない方でも、
昨日あたりの宮里藍ちゃんの米ツアーでの初優勝(会場はフランスだけどね)には
お喜びの方も多いのではないでしょうか。

なぜ、あれだけ宮里藍ちゃんが多くの方から愛されるのか。
それはそれで興味のある話題ですが、今日はそんな話ではなく、
今朝思いついた話題。

ゴルフでは、そのコースの基準打数、18ホールの合計基準打数が決められていて、
だいたい72なんですね。

4打で終わると基準打数である場合をパー4と呼び、10ホール設定
5打が基準打数の場合がパー5で、4ホール、3だが基準打数だとパー3で、4ホール。
計18ホールが1セット(9ホールずつ前半後半に分けてプレーするのが通常)
で、パー72となるわけ。

これを何で、と言い出すとややこしいので割愛しますが、
このパー72という基準打数に対して、いくつオーバーしたか、いくつアンダーしたかを
一喜一憂しているのがゴルフというゲームなのです。

このパーについて、球聖と呼ばれたボビー・ジョーンズという人が、
(マスターズという大会を作った人でもあります)
著書の中で、
”ゴルフとは、誰かに勝つためのスポーツではなく、
各ホールのパー、言い換えれば自分自身との闘いである。”
といい、オールドマンパー(パーおじさん)という架空の人物を設定して、
その人との戦いなのだ、と言ったことから、
ゴルフは、オールドマンパーとのゲームなのだという言い方がされます。

まあ一人でお遍路さんをしても同行二人のようなものです(違うか)

しかし、私のようなダッファー(地面ばっかり打っているような下手の人)には、
パーおじさんは手強すぎます。そうすると、心が続かなくて、途中からいい加減になりがち。

そこで、プアマンズパー(負け組パーおじさん)を設定して、その人との戦いにしてはどうかと。

パー4のホールの基準打数を6打とする。→6×10ホール
パー3の基準打数は、4打。パー5の基準打数は、6打と考える。→4×4+6×4

そうすると、18ホールでちょうど100になるんですね。
パー100となれば、がんばれば届きそうじゃないですか。

自分なりのパーおじさんを作って、見えないパーおじさんに挑む。
そうすると下手なりにゴルフの精神で最後まで回れそうな気がしてきませんか?

まあ、こんなことは、いろんな人が言っていることでもあるのですが、
パー100というよりも、プアマンズ・パー(負け組パーおじさん)と言ってみると楽しいかも。

そんなことを考えながら汗だくで通勤していたのでした。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ