fc2ブログ

「甘えの構造」の土居健郎さんが亡くなった(修正あり)

私くらいの年齢で、この本読んだことの無い人の影響を受けてない人はいないんじゃないかな。
(この言葉を聞かなかった人はいないんじゃないかな、くらいだな)

4335651066「甘え」の構造 [新装版]
土居 健郎

弘文堂 2001-04-18
売り上げランキング : 1955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


初版は、こんな表紙だった。
「甘え」の構造 (1971年)「甘え」の構造 (1971年)
土居 健郎

弘文堂 1971
売り上げランキング : 5169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「甘え」の構造 土居健郎さん死去、89歳@asahi.com
> 「『甘え』の構造」などの著書で知られる精神医学者の土居健郎(どい・たけお)さんが5日午後3時27分、老衰のため死去した。89歳だった。葬儀は身内だけで行い、後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男望(のぞむ)さん。

おくやみ:土居健郎氏@訃報ドットコム
>精神医学者、元東京大学教授・国立精神衛生研究所所長
2009年 7月5日 没 享年89 老衰により死去


その割には、訃報をふまえた記事が少ない気もするが。
私の場合「甘えの構造」を読んだことで、大きく人生が変わったともいえる。
心理学と言うものを知るきっかけにもなり、
「甘え」と言う日本人を考える切り口もえた。

土居健郎@wikipedia
>著書『「甘え」の構造』は日本人の精神構造を解き明かした代表的な日本人論として有名であり、海外でも、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、インドネシア語、タイ語で翻訳が出版されている。
しかし土居は「甘え」が日本独自の言葉だとしたが、李御寧は『「縮み」志向の日本人』で、朝鮮語にもそれに相当する言葉はあり、西洋とのみ比較する比較文化論の非を鳴らした。ために土居はその後、どこの国にもある概念として「甘え」を用いるようになったが、そのため日本人論としての意味がなくなり、学問的には無意味なものとなった。


ずいぶんな書かれ方だな。
「甘え」が日本人論としての意味がなくなって、学問的には無意味だなんて、誰が書いたんだろうね。
日本人だけのものにとどまっていたのでは「甘え」の心理学的な意味はもっと小さいもんだったろう。
感情とか情動とかを研究する中で、「甘え」と言う指摘が果たした影響は大きいと思う。

その辺をどう考えるか。
新たな宿題として、この際考えてみたい。
スポンサーサイト



田舎の人は歩かない

私が結婚するときに、妻の祖母が、
「東京は歩かないといけないから」と言って、
結婚が決まった日から結婚式までの間、
毎日散歩を始めたのを思い出した。

都会の人はよく歩く。「意外と歩いているんです…@八重山毎日新聞 不連続線

このコラム面白いんだよなあ。
今回は、CMのフレーズから石垣島の人が歩かないことに思いを馳せる。

>それが地方に行くと歩かない。八重山では玄関を開けると車やバイクで出勤、近くのコンビニも車という人も多いだろう。以前、出張に万歩計を持っていったことがあるが、日ごろの5倍歩いていたのに驚いた

長寿大國などと言われる沖縄だけど、たしかに70歳以上の人の平均余命は長いが
50代、40代は短命ではないかと言われている。
理由は、極端に欧米化した食卓と自動車社会に由来する肥満だ。

そして、健康都市石垣市の警官にも問題があるとコラムは矛先を変える。
>この40年間で石垣市街地からは多くの緑が消えた。街角の木陰で立ち話する光景も少なくなり、ヒートアイランド現象で気温は上昇するばかり。市はぜひ緑の回復を積極的推進し、街を散策できる環境と雰囲気をかもし出してほしい。それは健康づくり意識を刺激、医療費抑制にもつながろう

様は、歩きやすい町づくりで、運動を促進してはどうかというのだ。
これは、こと石垣に限らない。
地方都市はどこでも車両道路優先で、歩きにくい。
旅行で鞄を引いて(今流行のキャリーバックね)みると、その歩きにくさに気がつく。

路面電車の復活などで歩きやすくなった街も多いが、
私の嫌いな歩道橋のある街も少なくない。

車優先の考え方から、健康優先の町並み作りに地方都市は考えないと、
若者が長生きしないですよ。

受付始まりました:最先端研究支援プログラム

3日に内閣府から発表がありましたね。

「最先端研究開発支援プログラム」の公募の開始について@内閣府

これに関連して、サイエンスポータルが気になる点を指摘してます。

【2009年7月6日 最先端研究開発支援プログラムへの一本化 】@サイエンスポータルレビュー
>総額2,700億円の基金が用意される「最先端研究開発支援プログラム」の中心研究者と研究課題の公募要領が3日、内閣府から公表され、公募が始まった。

2009年度補正予算として急浮上した高額のプログラムだから、既存の研究開発支援と「不合理な重複、過度の集中を避ける」ことが求められるのは当然だろう。


同じ研究者が、同じような研究であちこちのファンドをもらっていては不公平だと言う議論がある。
それが「不合理な重複、過度の集中を避ける」なのだけど、
本当に重要な実権で、すごくアイディア豊富な研究者ならば、集中した方がいいんじゃないかとも思う。
アイディアを実現するのは、多くの研究員やポスドクで、馬車馬のように使われるのだ。
企業ならば、結果を出している部署に予算と人がつくのは当たり前だ。

結果の評価が曖昧だから、その前の段階で予算を中途半端にセーブし、
結局どの研究でも予算が足らないと言う「不合理なこと」が起きてはいないだろうか?

それはおいておいても、他の研究費から「良い研究」を根こそぎ持って行くだけ、
にならないかと言う心配がある。
予算が大きいだけに、今足らない分が補えるから、申し込みと言う人もいるだろう。

>既に研究開発費を得て進行中の研究開発課題が新プログラムに採択されると、進行中のものはまずほとんどが新たな研究開発計画に移行、組み直されるのでは、と読める。既存の研究開発事業から櫛(くし)の歯が欠けるように多くのプロジェクトが吸い上げられるという事態になるのだろうか。そうではなく、これまでなかなか採択されなかったような斬新で意欲的な研究開発課題が数多く新プログラムによってスタートするのだろうか。


これまでなかなか採用されなかったような研究課題が、採用されるならばいいけどね。
補正予算の内容みたいに。

初めての点滴

昨日39℃の熱を出したので、
今日は朝から病院に行く。

原因によっては、皆さんに迷惑かけますからね。

まあ、ほぼ扁桃腺だと言うことは自覚しているので、
インフルエンザとかなんだとかではないと思うけど、
念のため。

お医者さんは、口を開けてのどを見たとたん
「ああ、真っ白だ。これはリンパも痛いでしょう」
という.間違いない診断。

扁桃腺に茶色い甘苦い薬を塗って(この薬の味が子供の頃から好き)
注射を打つかと思いきや、
「抗生物質の点滴をしましょう」
と言われる。

こう見えても病院でずいぶんいろんな治療をされてきたけど、
点滴は初めての経験。

ベッドに横になり、点滴の管をさされて、30分待つ。
最初の5分はゆっくり(抗生物質が合わなくて気分が悪くなる人がいるらしい)
残りはピッチを早めて、約30分。
何をする訳でもなく、病院の片隅で寝ているのは存外に疲れる。

何だか病院中の声が聞こえてくる。
カーテンをベッドの周りに巡らせているので、みんなの姿は見えず、
声だけが聞こえる。
注射中に看護婦さんに話かけるおじさん。
リハビリ終わりに丁寧にお礼を言って帰るおばあさん。


小・中・高と保健室が大好きで、よく保健室で寝ていた頃のことを思い出す。
私が寝ていると、誰かが授業中具合が悪くなったとか、
転んだからバンドエイドが欲しいとかいいに保健室にやってくる。
それを黙って聞いている。
保健室に来た人もベッドで誰かが寝ているのがわかると気になるのだけど、
あからさまに気にしてはいけないと思うのか、小声で「誰?」とか言う人言わぬ人。
それを聞いているような聞いていないような意識の中でぼーっとしている自分。

それが楽しかったなあ。

点滴はなんと言うことは無く、痛くもなくかゆくもなく、終わったのだけど、
遠い昔の記憶をよみがえらせてくれた。

久しぶりに39℃

昨日、朝から何となくおかしいとは思っていた。

朝、出がけに熱を測ったらば37度を超えていた。
今日は出社直後から打ち合わせが入っていることはわかっていたので、
休む訳にも行かず、とにかく熱があることを意識せずに過ごしていた。
ところが、そうこうしているうちに
やはり午後になって熱が上がりだし、
17時前に若干早退気味に帰った。

薬局でポカリスエットと水を買い、頭痛薬(熱冷ましも入っている)は家にある。

家について熱を測ったらば38℃6分。

ポカリで頭痛薬を飲み速攻で寝るも熱が引かない。

1時間後、もう一度熱を測ると39℃を超えていた。
それから数時間38度台から下がらず、かなり苦しい中、妻が帰ってきた。

「ポカリスエット買ってきたよ.なんか食べる?」

と言われたが、特に食欲がないので、生返事をしていた。
そのうち、いい匂いがすると思ったらば、
妻が日曜日につくったカレーを温め直して、自分の夜ごはんにしている。
その匂いに何だかものすごく食欲を刺激され、
ベッドから起き上がって居間に行き「食べる」と妻にいい、
カレーを出してもらう。

汗だくでカレーを食べたらば、次第に気分が良くなってきた。
熱を測ると36度7分に下がっている。

そうか、熱が出たら汗をかくといいとは言うが、カレーか!
皆さん、熱が出たらカレーですよ!
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ