FC2ブログ

提案:沖縄はチャージの島で

沖縄のためになる仕事がしたいなあ、と前から思っているのですが、
なかなか機会がない。

で、何か考えてみようと思います。

その第一弾が「チャージの島」。

このチャージは、疲れた体と心に「充電」というのもありますが、
文字通り「電気を蓄える」島になれないかと思うんですね。

沖縄は「自然エネルギー」(再生可能エネルギー)の発電に向いている自然環境を持ってます。
・太陽光
・風力
・潮汐力(波の満ち引き)
などなど

こうした自然エネルギーの最大の問題は、発電力が一定しないこと。
それをカバーするのが「電池」なのです。

自然エネルギーを蓄えておければ、かなり有効な「電気の島」になれるのではないか。
政府も化石燃料を使わないエネルギーに注力せざるを得ないわけで、
この助成金を獲得して、自然エネルギーを起こす発電には気が回るんですが、
たいてい、このエネルギー発生ムラの問題で挫折する。

そこで、チャージなのです。
蓄電力を研究する研究拠点を沖縄に作る。
大学院大学は、主にバイオ系で動いているようですが、
それと同時に工業系・化学系を加えて、
蓄電技術を研究してはどうでしょうか?

蓄電には今、NAS電池くらいで、これといった技術が少ない分野ですが、
間違いなく、これからの世界を支配する技術になります。
電池が世界を救う事は間違いないわけですが、
発電を蓄えておく「蓄電」が、電池と発電の中間にあると、さらに効率が良くなります。

特に自然エネルギーや夜間電力の有効利用など、需要と供給の間を効率的に取り持つには
電気がエネルギーとして持つ最大の欠点である「ためられない」と言う問題点の解消が重要です。

それを研究するための施設を沖縄に置くのです。

これが、「チャージ」の島構想です。
簡単ですが、ここからさらに発展させていきたいと思ってます。
スポンサーサイト



「難しい」から「面白い」

ノーベル賞が二日続けて出て、忙しい人も多いと思われます。

きたーーーー物理学賞! :理系白書ブログ
>もう20年ぐらい、今か今かと周囲が期待していた南部陽一郎さん(米国籍でシカゴ在住)がついに受賞。
こちらも、10年近く、今か今かと首を長くしていた、小林誠さん(つくば市在住)と益川敏英さん(京都市在住)も、見事受賞。

私たちはこの3人について、もちろん準備はしていたけれど、同時受賞は想定外だった。


そう、同時受賞は意外だった。
で元村さんは、こう締めくくって寝た。

>さて、明日は(いやきょうだ)化学賞の発表。
もちろん、大いに期待して待つことにする。
明日に備えて、しっかり寝なくては。
いい夢が見られそう♪


で、翌日。
キターーーーー化学賞! :理系白書ブログ

目薬でも差しそうな勢いです。
>またまた来ましたよ!化学賞!米マサチューセッツ在住の下村脩さんが、GFP(緑色蛍光たんぱく質)の発見で化学賞に選ばれました。

この受賞には、この方も喜んでいる。

真理の大海:茂木健一郎クオリア日記
>下村脩さんがノーベル化学賞を受けられた。

科学に対する関心が、一時的であれ高まっている
ことは良いことである。


で、このあとの一言がぐっと来た。
>現代の日本は、わかりやすいとか、
簡単とか、そういうことに価値を置く
傾向があるが、本当は「難しい」
ということにこそ
心惹かれて欲しいと思う。


いや、本当に。
「難しい」からこそ、理解しがいがあるし、理解できたとき、それは本当に面白いのだと思う。
それが、私にとっての「科学」なんだな。

>おかげさまでたくさん売れている「脳を活かす
勉強法」も、「わかりやすい」という
感想をいただくが、それはそのように書いている
からで、よく考えてみれば、本当はとても難しい。


茂木さんの本は、彼の文章力で「やさしい」とか「わかる」とか思いがちだけど、
実はとても「難しい」問題を扱っている。
難しいことをやさしく書くのは、それだけ彼が「頭がいい」人だからだけど、
その裏には、説明しがたい暗闘がある。
「クオリア」だって、どれだけ難しい問題か。
しかもアカデミー内部には、いまだに疑問視する声も多い。

そこを戦い続けている研究者としての姿は、私たちにはわかりにくい。

でもわかりにくい、難しい問題こそ、本当は「面白い」。
そこを「あきらめずに」解き続けていくこと。
それが大事なんだろうな。

実は、昨日、下村先生がインタビューに答えて、
若い人には「あきらめずに解き続けて欲しい」と言うようなことをおっしゃっていた。

あきらめたら、次もまた、あきらめてしまうから

ともおっしゃっていた。

胸に迫る言葉である。
amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ