FC2ブログ

消費者庁という名称が気になる

こんにゃくゼリーを巡る騒動は、かなり気になっているのだけど、
気持ち悪さ とか
消費者をどう考えるか とか
事実関係とか

いろんな人が書いている通りだなと思う訳で、その辺にはあえてコメントしなくてもよいかと
思っていた訳です。

でも、どうにも気になるのが、野田聖子大臣が本当に「消費者」を考えているのかどうか。

野田聖子大臣の役職は、総理が変わっても前と変わらず

* 内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)
* 消費者行政推進担当大臣
* 宇宙開発担当大臣

原子力政策、IT政策、知的財産戦略、市民活動の促進、個人情報保護、公益通報者保護、高齢社会対策、障害者施策、交通安全対策、犯罪被害者対策、自殺対策、銃器対策、原子力発電施設等立地地域の振興、薬物乱用対策、省エネルギー・省資源対策、新公益法人制度への移行、遺棄化学兵器問題に関する事務も担当

という尋常とは思われない多さ。
ひとつひとつを重要と思われていないと考えた方が納得できる数だ。

文部科学省がありながら「科学技術政策」を担当したり(内閣府だから科学技術会議だね)
厚生労働省や農林水産省があるなかで「消費者行政」を担当したり(これも内閣府国民生活局)
宇宙開発担当大臣と言う、何をするのかわからない担当だったり(JAXAを取り締まるのか?)

いわば、何でも屋。
学際的という言葉に習えば「省庁際的」な立場と言える。

学際的な学部・学科が何をしているのか結果的にわからないように、
省庁際的な大臣も、何をしているのか結果的にわからない、
とならないようにしていただきたい。

何より「消費者庁」の初代大臣を狙っているのだろうけど、
なぜ、消費者庁なのだろうか?

消費者を監督する官庁とは何だろうか?
国民のある側面である消費者を守るとすれば、その相手は「企業」だろうか?

消費者に不利をしいているのは「他の省庁」ではないのか?
その消費者のために他の省庁と戦うことができるのか?

そういう意味での消費者庁になってもらわないと、今いっている言葉がすべて無意味だろう。

今回の「こんにゃくゼリー」のようなことが消費者庁の仕事だとは、
くれぐれも思わないでいただきたい。

モンスタークレーマーを守ることになりかねない越権行為が消費者庁の仕事ではなく、
既存の省庁体制ではポテンヒットになりかねないような、たらい回しになりかねないような仕事、
他の省庁では役人の保身でいつまでも解決しないかもしれないような仕事、
そういうことに身を捧げていただきたいので、そういう事実を早く調べ上げていただけないだろうか。

まだまだ、薬害エイズや肝炎のような問題があるに違いないのだから。


スポンサーサイト



ゴルフは本当に難しい

日本女子オープン最終日の中継をNHKで見ていた訳です。

いやあ、いい試合でした。3アンダーで4人(不動、宮里、イチヒ、リエスド)が並んだところから、
もう、一進一退。一球一球がてに汗握る戦いでした。

で、実に宮里藍がいい顔していたんですねえ。きりっとした、しまった顔。
もともと目が大きくて気丈な顔ですが、なんと言うか澄んだ精神状態が見えるような顔。

こういう顔の人が勝つんじゃないかと思ったらば、そう簡単には行きませんでした。
不動さんは、まだ自分の番じゃないという感じの顔だなと思っていたら、やはり18番でボギー。
イチヒは、タンタンと自分ができることをしていると言うか、本当にステディなゴルフ。
リエスドはまだ若いこともあって、高ぶるものが押さえられない顔。
15番でバーディを奪って、トップに並んだところで気負ったんでしょうね、
16番の第一打をバンカーにいれ、あごが高いバンカーなのにユーティリティで打とうとして、
あごにぶつけ、結局ボギーにしてしまう。

宮里藍は、18番のティーショットが完璧。第二打も見事に打って、残り80ヤード。
第三打はサンドウエッジのハーフショットになってしまった。
セカンドショットが後10ヤード短くて、残りが得意なサンドウエッジのフルショットだったらば、
この第三打をピンそばに寄せられたろう。
しかし、第二打が完璧だった分、残りの距離が微妙なものとなった。
そこに、ゴルフの難しさがあるなあと思った。

第三打は、インパクトがやや強めに入って、グリーンを捉えたものの
ピンを10ヤード以上オーバーしてしまう。
そのパットは寄せるのが精一杯の距離だったため、2パットでパーとなる。
第一打も第二打も完璧だったばかりに、最後を難しくした

イチヒは、18番の第一打をラフに入れた。
ラフから打つ上に、前に松の木がせり出していて、アイアンで高く打てない。
出すだけのショットにしてしまっては、バーディは狙えない。
彼女はユーティリティクラブを持った。

打ったショットは、松の木の下を通る低い球でインテンショナルドロー(あえて左に曲がる玉を打った)
残り100ヤード地点まで運んだのだった。
このショットが結果的にイチヒの優勝を決めた。
残り100ヤードから完璧なアプローチショットで、ピン横3メートルほどについた。
イチヒはこれを決めてバーディ。
優勝を勝ち取った。

一打一打で順位が動くような実に見事な試合でした。
飯島茜が全く映らないほどひどい内容で最終組をいかせなかったのが残念だけど、
上田桃子、横峯さくらなどの人気選手が上位に来て、外国勢が絡んでと言う、
今の日本女子ゴルフを代表する試合になったという意味で、メジャーというにふさわしい試合だった。

本当に面白かったので、練習に行こうかと思いましたが、きっとそんな人で混んでるんだろうなあ。



amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ