fc2ブログ

チョコは誰のためにあるのか

日本最大のチョコの祭典、新宿伊勢丹のサロン・ド・ショコラが、23日から始まる。

ここ数年、その集客力と話題は大きくなるばかりで、特別なチョコも数多くつくられる。
だいたい、5年前に、チョコが一粒300円もするなんて、誰が思っただろう。
板チョコが何枚買えるんだと叫びたくなるような値段の有名ショコラティによる創作チョコが、インターネットであっという間に完売する時代が来るなんて、不二家もメリーも思わなかったに違いない。

ショコラティエなんていう職業があること自体知らなかったよね。パティシエだってやっと有名になったばかりなのに。

なぜ、そこまでチョコなのだろう。
ここで、バレンタインデートの関連で語るのは、やさしいようで問題の本質を見誤らせる。なぜならば、伊勢丹のネット販売でバカ売れしている高いチョコは、どう考えてもバレンタイン用ではないようなのだ。バレンタインにプレゼントするならば、直前の配送でよいはずなのに、1週間近く前の配送を希望している顧客が多いと聞く。

たぶんバレンタインは儀式であって、そこそこの値段でよいのだ。本当においしいチョコは女子たちの自分へのご褒美なのだろう。それはそうだ。いくら伊勢丹メンズ館で洋服を選ぶ男子でも、チョコに1万円はかけられない。アンリ・ルルーだろうが、パトリック・ロジェだろうが、一口で消える快感に数千円払える男子がいるだろうか。
しかも、そのチョコを的確に評価して喜んで、女子の願望を飲み込んでくれる男子が。

いたら、そいつはゲイだ。

そう嫌みを言いたくなるくらい、チョコの闇は深い。カカオ90%以上の黒さで深い。

それくらい深いかは、サロン・ド・ショコラの会場に行ってみるといい。想像を絶する闇がそこにある。
スポンサーサイト



amazon
楽天市場
Yahoo!
楽天
FACEBOOK
RSSフィード
add
プロフィール

fujita244

Author:fujita244
2000年から新宿在住。
21世紀とともに新宿を闊歩。
高度成長期の一億総中流育ち
頭も身体もサイズM。
フツーのオッサンから見て
フツーじゃなさそうな話を
書いています。

2011年12月に
「若だんなの新宿通信」から
「フジタツヨシの新宿通信」
に変更しました。

2012年12月20日にはてなブログも始めました。
「fujita244's field」です。
2013年2月1日からゴルフ専用のブログもはじめてます。
「fujita244のゴルフBK」です。
2つのサブブログもよろしくお願いします。

リンク
検索結果
カスタム検索
Twitter
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

カテゴリー
月別アーカイブ